~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記84】乗り方カンタン、とってもスムーズ♪VRでタンペレからトゥルクへ

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

タンペレの晴れた日

▲タンペレの街。中央にあるのはストックマン(スーパーマーケット)

 

モイ!今日はVRに乗って、タンペレからトゥルクへ向かう黒崎です。

VRは便利な乗り物で、実際に乗ってみて手続きもとても簡単だと分かったので、そのあたりをご紹介します。

まずは朝食!そして迅速にチェックアウト!

タンペレで食べた朝食

▲朝食のリゾットとサーモンスープ(とヨーグルト)

これは、この日ホテルの部屋で食べた朝食です。

前の日に買って冷蔵庫に入れておいたもので、リゾットが約450円、サーモンスープが250円くらいでした。

フィンランドのレトルト食品は結構おいしく、費用を抑えることができるのでおすすめです。。

 

今回タンペレで宿泊したオメナホテルは完全無人のホテルで、部屋の鍵は番号を打ち込む方式です。

フロントがなくて返す物もないため、チェックアウトはえらく迅速なのが特徴です。

何しろ、エレベーターで一階に降りたらそのまま外に出るだけで、部屋に鍵をかけることもないので、自分の家から出かけるよりもさらにカンタンです。

 

フィンランドの鉄道に改札はなし!タンペレ駅へ行ってVRに乗る!

タンペレ駅

▲タンペレ駅

オメナホテルは駅から近いので、ちょっと歩けばもう駅に到着です。

昨日は曇っていましたが、今日はいい天気。移動日和(?)ですね。

 

改札はなし!VRに乗るには、ただ列車を見つけて乗ればいい!

タンペレ駅の掲示版

▲タンペレ駅の表示板

タンペレ駅の掲示版です。私が乗るのは9時7分発のIC910で、プラットホームは5番です。

赤くなっているところが変更になった部分のようなので、もとは違うホームだったのかもしれません。

列車の乗り方については、一応カウンターに行って聞いてみました。

 

タンペレ駅のカウンター

▲タンペレ駅のチケットカウンター

 

窓口で自分のチケットを見せ、「列車に乗る前に何かすることはありますか?」と聞いてみると、「ただ乗ればいいですよ」という簡単な答えをもらえました。

ホテルからは、歩いて外に出るだけ。

列車は、見つけて乗るだけ。

道を歩いていて、誰かに話しかけられることもない。

アジアの旅と違ってスムーズで無駄がなく、行動や思考を妨げられることがないので、フィンランドの旅はリラックスできます。。

 

分かりやすい表示を見て、いざ列車の中へ!

タンペレ駅のホーム

▲タンペレ駅のホーム

タンペレ駅の表示

▲ホームの案内板

 

VRのチケット

▲VRのチケット(A4、自分で印刷してきたもの)

さて、何の苦もなく列車を見つけたので、次は乗る場所の確認です。

自分の持ってきたチケットを見ると、私の席は2号車の下の階、9番窓側の席と分かります。

 

VR(列車)の表示

▲ちょっと見づらいが、本当は分かりやすい

表示はフィンランド語とスウェーデン語が交互に出て、英語は出ないのですが、よく見ればすぐ分かります。

この車両はIC910の2号車なので、これでOKで、下の写真の通り、座席番号も車両の外に書いてあります。

VR(列車)の表示

▲車両ごとの座席番号も、外から確認できる(ペットはダメらしい)

VRの車内

▲VRの車内

さて、これで問題なく席につくことが出来たので、古都トゥルクに向けて出発です!

 

KEYWORDS