~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記85】素敵な出会いと突然の別れ..。知らないと傷つく、フィンランド人の気質

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ!今日はVRに乗って、タンペレからトゥルクへ移動中の黒崎です。

VRで大きな荷物を運ぶ時にはちょっと予備知識が必要なので、まずそのあたりをご紹介します。

そして、荷物がきっかけで生まれてすぐ消えた、素敵な出会いと突然の別れ..。

知らずにいると傷つくかもしれない、フィンランド人の気質についても書いています。

 

VRで大きな荷物を運ぶ方法

その① 棚に載せる(ただし大きなものは載らない)

VR車内にある棚

▲VR車内の棚

日本の列車と同じように、フィンランドのVRにも車両の天井近くに棚がついています。

ですから大きな荷物はそこに置けばいいのですが、実はあまり大きなものは載りません。

車両にもよるのでしょうけれど、長さはあっても高さがあまりないため、一般的なスーツケースはほとんど載らないと思われます。

事実、私のも載らなかったので、三番目の方法でしのぎました。

 

その② 有料の預け入れボックスに入れる(50セント硬貨が必要)

VRの荷物預け入れボックス

▲有料の荷物預け入れボックス

VRの荷物預け入れボックス

▲結構大きな荷物がスッポリ入る

二番目の方法は、50セントを払って有料ボックスに預け入れる方法です。

ボックスは車両と車両の間にあり、業務用冷蔵庫のような外見をしています。

ここに預けてしまえばラクですので、見つけたら活用してみましょう。

スーツケースが、2つか3つ入りそうなスペースがあります。

ただ、私は50セント硬貨を持っていなかったため、三番目の方法をとりました。

 

その③ 足の間に挟んでしのぐ(案外何とかなる)

足で挟んで荷物を運ぶ

▲足の間に荷物を挟んでしのぐ

前のシートとの間には結構幅があるので、そこにスーツケースを置いてしまっても何とかなることはなります。

そして、そんな風にVRに乗っていたら、素敵な出会いと突然の別れがありました。

 

親切だけどシャイな、フィンランド人の気質を実感!

親切なフィンランド人女性との、素敵な出会い♪

窓側に座って、足の間に荷物を挟んでいると、フィンランド人の女性が隣に乗ってきました。

「荷物が邪魔でごめん。大きくて棚に載らないんだ」と伝えると、「頑張れば載るかもしれないわ。私も手伝うから、あきらめないでもう一度トライしてみましょう」と(いう感じのことを英語で)言ってくれました。

先ほど試して無理と分かっていたのですが、何だか熱心に言うので、列車が停まった時に手伝ってもらいました。

やっぱり載らなかったものの、彼女は言葉の通りに手を出して、何とか手伝おうとしてくれたのでした。とても親切で素敵な人です。

唐突に訪れた、あっけない別れ..

結局また足の間に荷物を挟んで、私はフィンランドに来たのが二回目で、前回幸運にもオーロラを見られたとか、彼女はトゥルクに住んでいて、フィンランド人なのにオーロラは見たことがないとか、それくらいのことは話しました。

時間にすると、せいぜい5分足らずだったと思います。

 

ですが、どうも彼女の様子が先ほどまでと違います。

一緒に荷物を持ち上げて、残念ながらうまく載せられなかったほどの仲なのに、妙によそよそしくて居心地が悪そうなのです。

 

「何か悪いことを言ったかな」と心配になったのですが、話に聞いていたフィンランド人の気質を思い出しました。

そう。彼ら、彼女らは、親切だけどとってもシャイな人々なのです。

シャイで親切だけど、別れ際はとってもドライな人々♪

フィンランドの人々は親切で、人が困っていると声をかけてくれます。

でも用事が済んだらもう話すことはなく、その後は全く会話がなくても気にならないのです。

 

彼女の場合、私に協力を申し出て、うまくはいかなかったものの用事は済んだので、もう会話の必要がないのです。

別に腹を立てたり、私のことが急にキライになったわけではないと思うのですが、その後も会話を続けることは気づまりなのです。

 

そこで、スマホとイヤホンを取り出し、「ちょっとチェックすることがあるから..」と言うと、ホッとした顔をしていました。

 

日本人もシャイだと言われますが、きっかけがあれば話し出して、結構いつまでも話したりします。

でもフィンランド人は、用が済んだらそれでお終いのようです。

それを知らずにいると、「あなたにもう用はないの」と言われたようで少し寂しかったりするので、予備知識として覚えておくことをおすすめします。

年代や性別にもよるのでしょうけれど、列車内での見知らぬフィンランド人との会話は、2~3往復に留めておくのがスマートなようです。

 

夏のフィンランドの森

▲車窓から見えた、夏のフィンランドの森

幸いなことに、車窓から見えるフィンランドの自然が、少し傷ついた私の心を心を癒してくれました。

本当にきれいでした。。