~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記86】バスを探して30分。トゥルク駅からナーンタリへの行き方♪

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

トゥルク駅に到着

▲VRでトゥルク駅に到着

モイ!先ほどフィンランドの高速鉄道、VRでトゥルクに着いた黒崎です。

VRは便利な乗り物で、タンペレからトゥルクへは約1時間40分、ほとんど揺れずスムーズに走り、座席が大きく、Wi-Fiもついていて快適でした。各駅停車か準急のような列車もあり、IC(インターシティ)と書かれた列車が特急列車です。

ここまではスムーズで、トゥルクからはバスに乗ってナーンタリへ向かうのですが、バス停を探して街を歩くことになりました。。

 

フィンランドの地図はちょっと分かりづらいので、道を尋ねてみた

トゥルク駅周辺の地図

▲ドゥルク駅の周辺地図

トゥルク駅からナーンタリに行くバスは、駅前からは出ないので、バスターミナルまで歩いて行く必要があります。

ですがフィンランドの地図は、フィンランド語とスウェーデン語が一緒に書かれていて、通りの名前も2つあって細かいので、少々分かりづらいです。

そこで、駅のカウンターに行って職員に聞いてみました。

 

残念ながら、90度違う方向を案内された..

トゥルク駅周辺の道路

▲こんな感じの道をまっすぐ進んだ

カウンターのおじさんに「ナーンタリ行きのバス乗り場はどこですか?」と聞くと、「線路沿いに500m進んで、右に曲がるんだ」と説明してくれました。

両手で進む方向を指し示し、距離も明確に、とても分かりやすく教えてくれました。

きっと、いつも観光客に聞かれて教えているのだと思います。

 

ただ残念なのは、きっちり90度違う方向だった点です。

「何か違う気がする」とは思ったのですが、時間に余裕があったし暑くもないので歩いてみると、おじさんの言った通り、一応はバスターミナルに到着したのでした。

 

長距離バスのターミナルで見かけた、広いパーソナルスペース

長距離バスのターミナル

▲長距離用のバスターミナル(ナーンタリ行きはない)

ただし、着いたのは長距離用のバスターミナルで、ナーンタリ行きのバスは見当たりませんでした。

うすうす感づいてはいましたが、これも視察のうちです。

で、せっかく歩いてきたのでまわりを見渡していると、特徴的なものが目に入りました。

 

フィンランド人の並び方

▲フィンランド人の並び方

ダラーッと広がって立っていますが、彼らはバスを待って並んでいるところです。

フィンランド人はパーソナルスペースが広いと聞いてはいましたが、本当にその通りでした。

前の人にぴったりくっついて並ぶインド人(割り込まれないように)とは大分違います。

インドの人口13億人に対して、フィンランドの人口は550万人、それがこうした差になって現れるのかもしれません。

 

道に迷ってもわりと快適なのが、夏のフィンランドのいいところ♪

トゥルクでの道案内

▲間違った案内と、本当の道

緑色の矢印のように進み、長距離バスのターミナルに着いたため、そこからまた、マーケット広場まで歩きました。

上の地図で言うと①のところで、とても近そうに見えますが実際は結構距離があります。

ただ、夏とはいえフィンランドは暑くなく、湿気もないので、スーツケースを引きながらでもそう苦にはなりません。

人がうるさく寄ってくることもないため、迷っても自分のペースで道を探せるのがいいところです(インドやスリランカではこうはいきません)。

 

ようやく到着!トゥルクからナーンタリへ行くためのバスターミナル♪

トゥルクのマーケット広場

▲トゥルクのマーケット広場

結局30分近く歩いて、ようやくマーケット広場に到着しました。

この広場の脇に、ナーンタリ行きのバス乗り場があります。

トゥルクのバス乗り場

▲7番乗り場から、ナーンタリへ!

さて、ようやく7番乗り場に到着です。

フィンランド人はまじめで親切な人が多いですが、時々案内を間違えることもあるので気をつけましょう。

 

ここからバスに乗って、ムーミンワールドのあるナーンタリへと向かいます。

(この記事の情報は、2018年7月の視察にもとづいています)