~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記22】ロヴァニエミのスーパーで売っていた食べ物の価格

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ!先ほどハスキーサファリを終えて、ロヴァニエミの街に帰って来た黒崎です。

この後の予定までは時間があるので、街の中を歩いてスーパーなどを見てみます。

北欧の物価は高いという定評がありますから、何度もチェックしてみます。

ロヴァニエミのスーパー

▲街の中心部にあるスーパー(24時間営業)

野菜類

ロヴァニエミのスーパー

▲野菜類

表示価格は、おおむね1kgあたりのものです。

安いタマネギなどは1kgで150円くらいだったので、案外安いものもあります。

スーパーで売られる野菜

▲別のスーパー。パプリカ1kgが700円ちょっと

肉類

ロヴァニエミのスーパー

▲骨付きもも肉は比較的安い(1kgで約350円)

フィンランドの食品売り場を見ていて気づいたのは、鶏肉の価格は日本と逆、ということです。

日本だと、手羽先などが安く、胸肉、もも肉、骨付きもも肉、と値段が上がっていきますが、フィンランドは、骨付きもも肉が安かったりします。

つまり、北欧で高いのは人件費なんですね。

そのため、細かい手羽先をいくつも切ってパックするより、ブツ切りにするだけのもも肉が安かったりするのだと思います。

となると、例えば寿司屋でマグロよりコハダの方が高い、なんてことも起こるのでしょうか。

そのあたりは今後の研究課題とします。

ロヴァニエミのスーパー

▲豚肉(1キロで約940円)

肩ロースっぽいこの豚肉も、1キロ940円なら決して高くはないですね。

酒類

スーパーで売られるビール

▲カルフ(熊)ビール。500mlで3.25ユーロ(約440円)

これでも日本でビールを飲むよりはずっと高いですが、レストランと比べれば半額程度です。

また、ロヴァニエミは冬のリゾート地のせいか、ヘルシンキと比べて少し物価が高かったようです。

アルコールを扱うAlko

▲酒類を扱うショップ、Alko(アルコ)

法律で、フィンランドのスーパーには、ビールくらいの強さのお酒までしか置いてありません。

棚を見ると、ワインなどがあるように見えますが、ほとんどアルコールの入っていないものばかりです。

アルコール度数の多いお酒は、Alkoというこの店で売られていて、よく大きなスーパーに隣接しています。

ここではワインやウイスキーなど、本格的なお酒を購入することができます。

ロヴァニエミのスーパー

▲空きカンのリサイクルをする男性

ちなみに、スーパーの中や外には、空き缶を入れるとお金が戻ってくる装置が置かれていて、大抵誰かが使っていました。

いずれ私もやってみたいと思います。

加工品など

スーパーで売られるピクルス

▲ピクルス1kgが、約1070円

スーパーで売られる惣菜

▲サンドウィッチなど

右端の長いサンドウィッチが、約530円です。

単品の買い物としては高いですが、他のものも買って2~3人で分けるなら、決して高くはありません。

人の手がかかっているとはいえ、お惣菜はそう高くはないんですね。

一食分の栄養をたっぷり摂れる、おすすめのサラダバー

量り売りのお惣菜

▲量り売りのサラダバー

フィンランドのスーパーでおすすめなのが、このサラダバーです。

サラダといっても、茹で卵や豆類、ちょっとした惣菜が並んでいて、必要な栄養をすっかり摂れそうです。

大きなカップに好きなだけ入れて買うスタイルなので、我々旅行者にも利用しやすいのがいいですね。

量り売りのお惣菜

▲サラダバーは、1kgで約2,000円

実際に利用してみましたが、1kgは相当な量なので、2名でも多いかもしれません。

毎食外食をいていると、お金もかかるし胃が疲れてしまいます。

先ほどのサンドウィッチにこのサラダバー、あとはチキンレッグとビールでも買い込んで、ホテルで食事にしてみるのもいいと思います。

オマケ

ゲーム機のようなもの

▲スロットマシーンのようなもの。買い物に来た人が熱心にやっている

皆さんが熱心にやっているので、これもちょっと気になりましたが、また今度やってみたいと思います。

さて、そろそろ待ち合わせの時間なので、フィンランド料理のレストランに、夕食を食べに行って来ます。