~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記21】ロヴァニエミのハスキーファームで、イケメンハスキーに出会った♪

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ。先ほどハスキーサファリ(犬ぞり)を終えて、ちょっとだけ犬と仲良くなった黒崎です。

10kmも走って(私は一歩も走っていませんけれど)すっかり犬ぞりを満喫しましたが、ラップランド・サファリ社のハスキーサファリは、犬ぞり体験だけでは終わりません。

その後は暖かい部屋に案内されて、ハスキー犬についての話を聞くことができます。

北国の情緒が豊かな、暖かい小屋にご案内

ハスキーファームの小屋

▲雪が厚く積もった、ハスキーファームの小屋

このハスキーファームは、ロヴァニエミの街から少し北に行ったところにあり、北極圏の入口にあたります。

季節は3月ですが、小屋の屋根には雪がたっぷり積もっています。

雪国の家は相当頑丈につくられているのでしょうね。

温度計

▲外気温はマイナス5度

この日の外気温はマイナス5度。日中ですし防寒着を着こんでいるので、それほど寒くはありません。

ただ、メモリがマイナス50度まであるのがちょっと怖いです。

ドアの取っ手はトナカイの角

▲ドアの取っ手はトナカイの角

木の枝かと思って手を伸ばしたら、トナカイか鹿の角でした。いかにも北極圏らしいですね。

ビスで扉にがっちり固定されています。

焚き火を囲んでハスキー講座

ハスキーサファリの小屋の中

▲小屋の中は焚き火が燃えて暖かい♪

小屋の中は暖かく、静かに燃える焚き火が迎えてくれました。

参加者は焚き火のまわりに座り、インストラクターの話に耳を傾けます。

小屋の中でハスキー講座

▲ハスキー講座の始まり

甘くて暖かいベリージュースをもらって人心地がついたら、ハスキー講座の始まりです。

クッキーかビスケットもあったと思います。

インストラクターの女性は犬が大好きなようで、楽しそうに説明してくれました。

ハスキー講座で聞いたこと

・ここにいるハスキー犬は、全部で300頭ほど
(多い!)

・2歳くらいからそりを引き、12歳くらいで引退する
(10年現役!)

・体重は17~34kg、速いものは時速70kmで走る
(速い!)

・夏はトレーニング。一日に数十キロ走ってカラダをつくる
(まるでアスリート!)

・冬のシーズンは、一度そりを引いたら数日休み
(そりゃ疲れますよね)

 

他にも、シベリアンハスキーは賢くて、すぐに仕事を覚えるけれど、目を離すとどこかへ行ってしまい、トナカイを襲ったりもする。別のハスキーは勝手に遠くへは行かず、走るのはこちらの方が速いなど、様々なことを教えてくれました。

犬にも相性があって、仲の悪い組み合わせだとうまくそりを引かないそうです。

まさに、そりが合わないというやつですね(失礼しました)。

インストラクターも大変ですが、本当に犬が好きなようでした。

小屋の外に出て、いろんなハスキーとご対面♪

ハスキーファームの犬たち

▲ハスキーたちの名前が書かれた、大きな犬小屋

小屋の中でのハスキー講座が終わっても、お姉さんの勢いはまだ止まりません。

「さあ、今度は外に出てハスキーたちを紹介するわ」と言うので、ゾロゾロとついていきました。

ハスキーファームの犬たち

▲いろんな顔つきの犬たち

ハスキーとひとことで言っても、犬によって顔つきがいろいろです。

和犬っぽいのもいれば、いかにも洋犬というのもいるし、ちょっとオオカミっぽいのもいます(上の写真、左から順に)。

青い眼をした、賢そうな赤ちゃんハスキーとご対面♪

スタッフの女性と赤ちゃんハスキー

▲かわいい赤ちゃんハスキー

大きな犬小屋の中にある小さな犬小屋から、お姉さんが赤ちゃんハスキーを連れ出して見せてくれました。

生まれたてというわけではなさそうですが、小さい頃はどの動物もかわいいですね。

スタッフの女性と赤ちゃんハスキー

▲青い目は完璧にガイジン(外犬?)

でもこの赤ちゃんハスキー。顔つきを見ると完全にガイジン(外犬?)です。

まだ若いのに憂いを帯びた青い目は、「まあ英語じゃないと絶対通じないだろうな」と思わせるに十分でした。

でも、とても賢そうな子なので、正しい英語で話しかければ、ちょっと哲学的な話でも返事が返ってきそうでした。

見る方向によって、怖くもなるしイケメンにもなる、大人のハスキー

立っているハスキー犬

▲左右で目の色が異なるハスキー犬(左目が怖い)

ハスキー犬にしばしば見られる特徴として、左右で目の色が違っていることがあります。

また、目つきもまるで違ったりします。

例えばこの犬は、右の目は茶色で左目は青ですが、右目は瞳が大きく黒目がちなのに対して、左目は白目がちで、青い瞳がちょっとぼやけています。

左目の方は、ちょっと悪魔っぽくて怖い目つきですね。

甘えているハスキー犬

▲お姉さんに甘えるハスキー

でもそんなハスキーも、お姉さんにはすっかりなついていて甘えていました。

片方の目しか見えないと全然印象が違い、同じ犬とは思えません。

右目を見せた時は、カメラ目線でニヒルな笑いを浮かべ、かなりのイケメン(イケ犬?)っぷりを発揮していました。

こんな表情で見つめられたら、犬好きの女性はもうイチコロでしょう。

笑っているように見えるハスキー犬

▲甘えているのに、かなりイケメン(イケ犬?)なハスキー

たっぷりハスキーファームを満喫したら、ロヴァニエミの街へ

ラップランド・サファリ社の車

▲街へ戻るところ

さて、たっぷりハスキー犬の話を聞いて満足したので、そろそろ街へ戻ります。

来た時と同じ車に乗って、同じように20~30分程度の距離なのであっという間です。

ハスキーサファリに参加したら、ぜひあなたもイケメンハスキーを探してみてください!