~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記14】ロヴァニエミのサンタクロース村で、サンタと記念撮影!

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ!ロヴァニエミのサンタクロース村に着きましたが、あまり時間がなくて急いでいる黒崎です。

午後の予定とバスの時間を考えると、一時間程度しかこの村にいられないのですが、何としてもサンタに会って記念撮影はしたいので頑張ります!

 

ロヴァニエミのサンタクロース村には、サンタに会える他にも、マリメッコやイッタラといったショップがあるのですが、何しろ今回は時間がないため、横目で見ながらサンタクロース・オフィスへ進みました。

でも、後で人に聞いた情報があるので少しご紹介します。

5時間滞在した人も!サンタクロース村の、イッタラ、マリメッコといったショップはとても楽しいらしい!

日本人の学生さんに聞いたら、サンタに会ったりショップを見たりで、サンタクロース村に5時間(!)もいたそうです。

イッタラはアウトレット、マリメッコは違うのですが、セールをやっていてすごく安かったそうです(うーん見てみたかったです)。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲サンタクロース・オフィスの横にある、イッタラのアウトレット

おすすめはサンタズ・サーモン・プレイスのサーモングリル!サンタ村は、食事もおいしいらしい!

サンタクロース村には、カフェやレストランもあります。

私はとても食事をする時間はなかったのですが、後で、「サンタズ・サーモン・プレイス」で食事をした人の話を聞きました。

サーモングリルが20ユーロくらいと、値段はそこそこしますが、ボリュームたっぷりのサーモンが食べられて、とてもおいしかったそうです!

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲カフェやレストランもいいらしい!

とんがり屋根に「Santa is Here」が目印。サンタクロースがいるのは、サンタクロース・オフィスの奥深く!

バス停から村に入り、左手にマリメッコのショップを見ながら進むと、サンタクロース・オフィスが見えてきます。

写真だと分かりづらいのですが、とんがり屋根に「Santa is Here」と書いてあるので分かりやすいです。

オフィスの前には、5mくらいありそうな巨大な雪だるまが立っていました。

いったいどうやってつくったのでしょうね。

さて、それでは中に入ってみます。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲サンタクロース・オフィスと巨大な雪だるま。右にはイッタラのショップがある

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲サンタクロース・オフィスの入口

寒いのでドアは閉まっていますが、普通に開けて中に入れます。

受付がいるでも、代金を払うでもないので、勝手に入って進んでいくと、それらしき場所がありました。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲サンタクロース・オフィスの内部

正面に見える扉を入っていくと、サンタクロースに会えるようですね。

その手前にはちょっとした案内が書かれていました。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲こんな感じの写真が撮れるらしい

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲サンタクロース・オフィスの注意書き(カメラは禁止)

注意書きによると、ここから先はカメラがご法度で、撮影禁止のようです。

仕方がないですね。とにかく指示に従って進んでみます。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲サンタに会うため、中へ進む。

サンタクロース・オフィスの内部は撮影禁止。サンタに会うまでの様子

扉をくぐって進んでいくと、大きな機械仕掛けの時計など、いろいろなオブジェが並んでいます。

サンタクロースは、一晩の間に世界中の子供たちにプレゼントを届ける必要があるため、この時計で時間をコントロールする、ということのようです。

 

しばらく歩いて階段を登ると、サンタに会うための場所に到着します。

待っている間にサンタの姿を見ることはできませんが、トゥントゥリ(妖精)と呼ばれる、サンタのアシスタント的な存在がいて、その声はよく聞こえてきます。

彼らは手慣れたもので、ゲストの国籍を聞いて、カタコトの言葉で話しかけてきます。

日本人なら「コニチワー!」「ワラッテクダサーイ!」といった具合ですね。

 

各国からの観光客が並ぶ中、私も一人おとなしく、順番を待ってみました。

このエリアは撮影禁止なので、写真の掲載が….。もとい、写真の撮影ができません。

会うのは無料!ついにサンタクロースと対面して交わした会話!

サンタクロースと記念撮影

▲サンタクロースとご対面!(トゥントゥリに撮ってもらって購入した写真)

さほど待つこともなく私の番が来たので、いよいよサンタさんとご対面です。

外は寒いので防寒着を着こんでいますが、手前にテーブルがあって荷物を置けます。

一人あたりの時間はほんの2~3分程度なので、とりあえずサンタに挨拶して、いきなり年齢を聞いてみました。

<サンタクロースとの対面の様子>

私 「はじめましてサンタさん!私の名前はクロです。」

サンタ 「ハローハロー、はじめまして。どこから来たの?」

私 「日本です。

サンタ 「オー、コニチハー、コニチハー。ニッポン、ニッポン。」

私 「で、サンタさんおいくつなんですか?」

サンタ 「百歳という人もいるけど、自分ではもう分からなくなってしまったよ。HoHoHo」

 

トゥントゥリ 「ワラッテクダサーイ!モイッカーイ…。アリガートー!」 パシャ(カメラの音)

サンタと私 「じゃあねー。ありがとねー。」

 

こんな感じで、ギリギリかみ合う程度の会話を交わし、特に再会を約することもなく別れました。

初対面でいきなり年齢を聞くのは失礼かとも思ったのですが、サンタさんは優しく煙に巻いてくれたのでした。

写真は有料!画面で選んで写真や動画を買える!

私のような、いい大人の他に、もちろん子供たちも各国からサンタさんに会いに来ます。

そんな子供たちからお金を取るサンタさんではないので、会うこと自体は無料です。

でもサンタとの対面の様子は、優秀なアシスタントであるトゥントゥリたちが写真と動画にきっちりおさめていて、サンタのいる部屋を出ると、撮ったばかりの写真や動画を購入する場所があります。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲画像や動画を購入する場所

値段は(結構高く)、大きな写真が30ユーロ、ポストカード5枚が35ユーロ、インターネットでダウンロードする、画像と動画のセットが40ユーロでした。

私は仕事で視察に来ているので、40ユーロ払って画像と動画のセットを購入しました。

前の人が悩んでかなり時間が押したので、急いで階下の受取場所に向かいます。

ロヴァニエミのサンタクロース村

▲階下に降りて、写真等を受け取る。支払いもここで行う

バスの時間が迫り、かなり気をもみながらも何とか会計を済ませます。

試しに「タクシーはないの?」と聞いてみたのですが「ここには来ない」という返事だったので、走ってバス停に向かい、何とかバスに間に合ったのでした。

40ユーロ払って手に入れた、サンタさんとの動画をご覧ください!

そんなわけで、サンタクロース村のその他の場所は見られていないのですが、最後にサンタさんとの動画をご紹介します。
(音声をオンにすれば、会話の様子も聞こえますよ)

会うだけなら無料ですが、40ユーロ払えばこんな素敵な動画を撮ってくれるのでおすすめです♪

▲サンタと対面した時の様子(動画)

 

あまりに時間がなくてどうなることかと思いましたが、サンタさんに会えて、写真と動画も手に入ったので良かったです。

メジャーなのはロヴァニエミにあるこのサンタクロース村ですが、フィンランドには、他にもサンタに会える場所があります。

何といっても、サンタの生まれ故郷ですからね。

皆さんもフィンランドに行ったら、ぜひどこかでサンタさんに会ってみてください!