~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記52】時間のかかる、夏の入国審査を終えて、リングレールでヘルシンキ市内へ

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

ヴァンター空港の案内

▲ヘルシンキ ヴァンター空港

モイ!先ほどフライトがヘルシンキに着陸して、これから入国審査に向かう黒崎です。

機を降りて進むと、写真の場所に着くので、書いてある通り、乗り継ぎの場合は右へ、入国の場合は真っすぐ進みます。

よく見ると日本語も書いてあるのがちょっと嬉しいですね。

乗り継ぎの場合は右へ

▲乗り継ぎは右へ。フィンランド入国は真っすぐ進む

ただ、1年前の冬にも来ているので、空港の様子は分かっているつもりでしたが、夏は少々様子が異なりました。

とにかく、入国審査に時間がかかるんです。

夏のフィンランドでは、入国審査にかなり時間がかかる!

入国審査の行列

▲入国審査の順番待ち

この写真は、入国審査の順番待ちをしているところです。

そこまで混んではいないようにも見えますが、これが侮れません。

ビザが不要で、入国のための書類もないのはいいのですが、出国時は自動化されているのに入国時はされておらず、係員が口頭でいろいろ聞くため、かなり時間がかかります。

担当者も足りていないのでしょうね。乗り換えの方でも入国審査が必要で、時間内に通さないと乗り遅れてしまうため、もしかしたらそちらを優先しているのかもしれません。

軽く1時間くらい待ったと思います。ようやく私の番が来て、滞在日数やホテルなどを答えて、ようやく入国することができました。

入国が遅れると、荷物のピックアップに一苦労!

その後で困ったのは、時間がかかったため表示が変わってしまっていて、荷物の出てくるターンテーブルが分からない点です。

日本からヘルシンキへの便は複数あるので、日本人が集まっているところ、というだけでは分かりません。

係員もいないため苦労しましたが、しばらく探しまわった後、どうにか荷物を見つけて無事にピックアップできました。

リングレールの駅に向かい、ヘルシンキ市内へ

ヴァンター空港の案内

▲リングレールの駅に向かう

ちょっと愚痴をこぼしながらも、無事に入国できたので、早速リングレールの駅に向かいます。

表示に従って真っすぐ進んでいくだけですが、2つのターミナルの中間部分に駅があるため、そこそこの距離を移動します。

リングレールの駅へ

▲まだ先。結構長い距離を移動する

リングレールのチケット

▲リングレールのチケット(5ユーロ)

券売機でのチケットの買い方は知っていたはずですが、なぜかお札を受け付けない券売機があったりして、しばらく格闘してようやくチケットを手にしました。

REGION(地域)チケット、5ユーロのものを購入し、地下に潜ります。

このチケットの有効期間は90分です。「17:07に買った切符で、18:37まで有効」と書いてあります。

リングレールはハートの形をした環状線で、ヘルシンキ中央駅とヴァンター空港は最も遠い場所にあるため、どちら回りの列車に乗っても大丈夫です。また、時間もほとんど変わらないので安心です。

リングレールの路線図

▲リングレールの路線図

リングレールの車内

▲チケットリーダー。紙のチケットでは使わない

リングレールの車内

▲リングレールの車内

バスで市内に向かう人が多いのでしょう。リングレールの車内は、前回と同じようにガラガラで、シートは使いたい放題でした。

30分ほどでヘルシンキ市内に到着し、ヘルシンキではしばらく停車するので安心です。

ヘルシンキ中央駅

▲ヘルシンキ中央駅に到着!

さあ、やっと中央駅に到着しました。

フライトが着陸したのは15時過ぎなのに、もう18時前なので、いかに入国審査と荷物探しに時間がかかったかが分かります。

二度目のヘルシンキだというのに、少々恥ずかしいモタつきぶりですが、とにかく次はホテルに向かいます。。