~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記25】ロヴァニエミからサーリセルカへ。バスから見えた美しい風景

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ!今日はロヴァニエミからサーリセルカへ、バスで移動する黒崎です。

先ほどスカイホテル・オウナスヴァーラをチェックアウトし、タクシーでバスターミナルにやって来ました(13.3ユーロ)。

昨夜フロントで頼もうとしたら、予約すると7ユーロ余計にかかるというので、やめて今朝頼みましたが、タクシーはすぐ来てくれて、何の問題もありませんでした。

ロヴァニエミの長距離バスターミナルの様子

ロヴァニエミのバスターミナル

▲ロヴァニエミの長距離バスターミナル

このバスターミナルは、ロヴァニエミ駅の近くにあり、スカイホテルからタクシーに乗って、15分ほどで着きました。

スーツケースを引いて建物に向かうと、二重になった自動扉が開いてくれました。

フィンランドのドアは、よく二重になっています。温まった空気は貴重ですからね。また、自動ドアは横にスライドするのでなく、近づくと手前に開くことが多いようです。

ロヴァニエミのバスターミナル

▲二重になった自動扉。手前に大きく開く

バスの時刻表

▲バスの時刻表

バスの時刻表を見ていると、今日乗るバスがありました。時刻表は見やすいですが、時期によって路線や時間が結構変わるようなので注意が必要です。

バスを待つ場所

▲バスの待合室

待合室にはトイレがありましたが有料のようで、ただドアを引いてみても開きませんでした。

バスを待つ場所

▲軽食も食べられるらしい

バスの時刻表

▲待合室の掲示版。サーリセルカ行きは、3番乗り場から8:50発

バスが到着!乗り込んでサーリセルカへ

ロヴァニエミからサーリセルカへのバス

▲三番乗り場から、サーリセルカ行きのバスに乗ります

バスのチケット控え

▲バスでもらった控え

クーポンを出したら、この控えをくれました。260km。結構遠いですね。

この控えには書いてありませんが、料金は60ユーロでした。

バスの車内

▲バスの車内。結構空いていた

バスの車窓から見た、ラップランドの冬景色

この日は天気がよく、ラップランドの美しい冬景色を見ながらバスは快調に進みました。

結構スピードを出して雪道を進み、車窓には青い空と白い雪、針葉樹の黒っぽい緑がひたすら流れます。

単調といえば単調ですが、これこそラップランドのシンプルで美しい風景ですし、何も考えずにボーッと眺めるにはいい感じです。

冬の森

▲車窓を流れる針葉樹を見ながら、一本道を果てしなく走る

冬の森とロッジ

▲深くなってきた雪と、きれいな色のロッジ

こうした風景を見ると、北欧っぽいなと思います。家の側にはたいてい物置小屋があって、薪が備蓄されているようです。

途中、放牧されているらしいトナカイの姿も見ることができました。

凍った湖

▲凍りついた湖。何ともシンプルな風景

冬の森

▲景色は変わらないが、北上するにつれて、次第に雪が深くなる

4時間近くかかって、サーリセルカに到着!

サーリセルカ近くの森

▲サーリセルカに近づいてきた

途中で何度か街に立ち寄ったため、ついつい終わりの方では、何度か「サーリセルカに着いた?」と聞きました。

私が何度も聞くので、ドライバーが「着いたら俺が教えてやるから心配するな」とか言っていたのですが、サーリセルカに着いたらドライバーが変わっていました。

冬のラップランド

▲サーリセルカの市内へ

いよいよ冬のリゾート、サーリセルカの街に到着です。

バスは8時50分に出発し、サーリセルカに着いたのは12時40分でした。途中休憩しながらではありますが、乗客は乗りっぱなしで、4時間弱かかりました。

ただ、バスにはトイレがついているので、その点は心配いりません。

サンタズ・ホテル・トゥントゥリ

▲サーリセルカのホテル、サンタズホテル・トゥントゥリ

ここがサーリセルカでの降り口、サンタズホテル・トゥントゥリです。

ただ、宿泊するホテルは別なので、ちょっと歩いて今夜の宿に向かうことにしました。