~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記19】ロヴァニエミで体験した、犬ぞりの乗り方を詳しくご紹介します♪

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ!ソリには乗ったことがありますが、犬ぞり体験は今回が初めての黒崎です。

ロヴァニエミの街から、ラップランド社の車でハスキーファームへ向かうと、場所はサンタクロース村の向かいを少し左に入ったところでした。街からは、せいぜい20~30分というところです。

実際に犬ぞりに乗る前に、いろいろと乗り方を説明してくれたので、ちょっと詳しく書いてみます。

ハスキーファームに到着

▲ハスキーファームに到着

犬ぞりの乗り方を説明してくれるおじさん(男性)と、分かりやすいイラスト

犬ぞりの説明中

▲犬ぞりの乗り方を教えてくれるおじさん(男性)

ハスキーファームに着くと、犬たちがひっきりなしに吠える声が聞こえてきましたが、まずは説明が先です。

上の写真の男性が犬ぞりの乗り方を教えてくれるわけですが、分かりやすい解説も見つけたのでそちらもご紹介してみます。

犬ぞりの説明書き

▲犬ぞりの乗り方を説明したパネル

パネルに書いてあることをまとめると…、

1.両手でしっかりレバーを持ち、ひざを軽く曲げてそりに乗る

2.小さなお子さんがいる時は、大人のヒザの間に乗せる

3.スピードを落とす時はブレーキを踏み、止まっている時は両足を載せる

4.カーブを曲がる時は、曲がる方向に体を傾ける

5.「Let’s Go」「Stop」「Slow down」といったサインを覚える

こうした内容が書かれています。

いいかい?犬ぞりにはこうやって乗るんだ

犬ぞりの乗り方を説明中

▲おじさん(男性)の説明

おじさんからは、前を走るソリに近づき過ぎないように、ブレーキを踏んでスピードをコントロールするように言われました。
(おじさんの足の前にある金具がブレーキ)

サファリ中は犬たちが興奮しており、ハスキー同士が近づき過ぎるとよくないそうです。

これは結構大事なことのようで、サファリ中にちょっと近づき過ぎたら注意されました。

犬たちとそりをつなぐロープが結構長く、ブレーキをかけてもすぐには止まらないため、気を抜くと前のそりに近づいてしまいます。

荒ぶる犬たちの声を聞きつつ、そろそろと犬ぞりに歩み寄る

ハスキー犬たちの方へ

▲犬ぞりの方に向かうと、犬の吠える声が大きくなる

写真では分かりませんが、ハスキーサファリ直前の犬たちは本当に気が立っているようで、相当な勢いで吠えています。

それも一頭や二頭ではなく、数十頭のハスキー犬が、

「ワンワンワンワンワンワンワンワンッ!!!」

という感じで、ひっきりなしに吠えています。

野犬の群れに襲われるようで、近づくのがちょっと怖いくらいでした。

ハスキー犬たち

▲ハスキーサファリの準備が着々と進む

ハスキー犬

▲木につながれたハスキー犬たち

本当に(そりに乗っても)大丈夫?半信半疑のまま、ハスキーサファリがスタート!

そりとハスキー犬

▲犬とそりをつないで、準備完了!

犬たちは結構な勢いで吠え続けており、とても一緒に写真を取れるような状態ではありません。

「本当にこのそりに乗っても大丈夫なのか?」と半信半疑のまま、着々と準備は進んでサファリがスタートです。

ハスキーサファリは2人ペアで行うのですが、私は一人での参加だったため、同じく一人で参加していた中国人女性とペアになりました。

他には、インド人のカップルもいました。

さて、いよいよ10kmのハスキーサファリに出発です!

 

犬たちの吠える声が分かる短い動画を上げておきます。数十頭が固まっていた時は、この比ではありませんでした。

▲犬たちの吠える様子