~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド視察記17】犬ぞりを体験しに、ロヴァニエミのラップランド・サファリへ♪

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

モイ!子供の頃に、そりで遊んだことはありますが、犬ぞりにはまだ乗ったことのない黒崎です。

フィンランドでは犬ぞりに乗ることが出来て、しかも自分で運転(?)も出来るというのでやってみます。

犬ぞりとトナカイぞり、選ぶならどっち?

フィンランドに来る前に、犬ぞりとトナカイぞりのどちらを選ぶかで少し悩みました。

「王道は犬ぞり!」という気がしますが、トナカイぞりもちょっと気になります。

それに、人気のディズニー映画、「アナと雪の女王」には、トナカイがそりを引いて疾走する様子が描かれていて、あのシーンを再現できるとなると面白そうです。

でもよく話を聞くと、実際のトナカイぞりはかなりゆっくりしていて、そりを引いてのんびり歩き、疲れたら時々立ち止まるのだそうです。

それでは、もしオオカミに追われたらひとたまりもありません。

一方の犬ぞりは、数頭で一台のそりを引くため、結構スピードが出るといいます。

私はそれを聞いて、犬ぞりを選ぶことにしました!

フィンランドのスノー・アクティビティといえば、ラップランド・サファリ社(Lapland Safari)

ラップランド・サファリ社

▲ラップランド・サファリ社

ロヴァニエミの街の外れ(といっても中心地からすぐ)に流れるケミ川のほとりに、ラップランド・サファリ社があります。

この会社は犬ぞりの他にも、スノーモービルやクロクカントリースキー、アイスフィッシングなど、様々なアクティビティを扱っています。

ラップランド・サファリ社の中のショップ

▲ラップランド・サファリ社の中のショップ

オフィスに入ると、私のような外国人が数名いて、参加するツアーを物色していました。

犬ぞりの紹介ビデオ

▲犬ぞりの様子

犬ぞりの様子が動画で紹介されていました。

ただそりに乗っているだけではなく、進む方向に合わせて体を傾けたり、足でブレーキをかけたりと、いくらか操作が必要なようです。

スノーモービルの展示

▲スノーモービルの展示

冬のラップランドでは、特別な体験がいろいろできるため、迷ってしまいますね。

私は以前オートバイに乗っていたことがあるため、スノーモービルにもいずれ乗ってみたいと思います。

日本では後ろに乗せてもらうイメージが強いですが、ここラップランドでは自分で運転することができるようです。

ラップランド・サファリのカウンター

▲ツアーの申し込みカウンター

今回は、日本で犬ぞりの予約を済ませて来ていますが、もちろんここで申し込むこともできます。

私は事前に予約をしてあったので、少し声をかけて後はブラブラ待っていただけです。

日本語のパンフレット

▲様々なツアーのパンフレット(日本語もある)

もちろんスタッフとの会話は英語ですが、フィンランド人の英語は分かりやすいので心配はいりません。

スタッフは外国からのゲストに慣れていますしね。

それに、日本語のパンフレットもあるので、これを見ながら話せばさらに安心です。

日本語の説明書き

▲詳しい注意書きも日本語の用意あり

こういった備えは嬉しいですね。

英語でも何とか意味は取れるにしても、日本語だとスラスラ読むことができます。

 

さて、参加者が揃ったようですので、防寒具を着こみにフィッティングルームに向かいます。