~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記79】曇りがちの日曜日に、タンペレの街を一人で歩いた感想。。

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

タンペレの街

▲タンペレの中央にある通りは工事中

曇りの日曜日なので、町にはあんまり元気がない

モイ!2018年7月、曇りがちの日曜日に、タンペレの町を一人で歩いてみました。

昼頃に列車で駅に着き、先ほどまでムーミン美術館にいたため、もう夕方です。

夏のフィンランドは陽がとても長いのですが、曇りは曇りですので、やっぱり気分は少々どんよりします。

加えて今日は日曜日なので、市場が休みで、出歩く人も心持ち少なく、町にはあまり活気がありません。

さらに、町の中心部が規模の大きい工事中なのが輪をかけ、結論から言うとタンペレの町にはあまり活気がありませんでした。

でも、フィンランドの町の日曜日は、こんな風にひっそりしていることが多いのかもしれません。

とりあえず、大通りをまっすぐ歩いてみたら、教会を発見

タンペレのアレキサンダー教会

▲アレクサンダー教会

とりあえず、町の中心にある大通りを真っすぐ歩いて、教会のあるところまで行ってみました。

アレキサンダー教会といい、結構立派な教会です。

手前に庭園があったので、ベンチに座ってボーっとしてみました。

ただ、曇っているのでやや肌寒く、陽が当たっているわけでもないので日光浴にもならないため、適当なところで切り上げて来た道を戻りました。

タンペレのアレキサンダー教会

▲アレキサンダー教会は結構立派

そしてテーレンペリにふらりと立ち寄り(黒ビールおいしい)

タンペレのテーレンペリ

▲タンペレのバー。テーレンペリ

ヘルシンキでも立ち寄ったバー、テーレンペリを見つけたので(正確にはさっき見つけてあったので)、ふらりと(予定通り)中に入りました。

この前はロンケロを飲んでおいしかったので、今度はビールを飲んでみようと思います。

タンペレのテーレンペリ

▲ビールの種類が多い!

この日はテーレンペリも空いていて、あまりお客がいませんでした。

カウンターでビールの銘柄を眺めて、どれが良いのか分からずにいると、カウンターの中にいた店員さんから「ちょっと飲んでみる?」と優しい声掛けが。

町は寂しい様子ですが、空いているといいこともありますね。

2~3種類を飲んでみて、黒ビールがおいしかったので頼みました。

タンペレのテーレンペリ

▲テーレンペリの黒ビール

テーレンペリは、自社でビールを醸造している人気の店で、フィンランドの町ではよく見かけます。

店員さんに聞くと、夏の休暇シーズンのせいで、尚更町に人が少ないそうです。

他にもちょっとしたことをいろいろ聞いて、ビールもおいしかったので楽しめました。

この黒ビールは約900円ですが、十分な価値がありました。

その他の町の様子

タンペレの街 旧フィンレンソン工場

▲旧フィンレンソン工場

フィンレンソンといえば、創業1820年の、フィンランドの老舗テキスタイルメーカーで、タンペレの町には「旧フィンレンソン工場」と呼ばれる建物があります。

煙突が印象的な赤いレンガづくりの建物は趣があり、近くを流れる川と合わせて、いい雰囲気を醸し出しています。

天気がよかったら、もっと素敵に見えることでしょう。

タンペレ大聖堂

▲タンペレ大聖堂

こちらは駅に近いエリアにある、タンペレ大聖堂です。

特徴的な壁画で有名なのですが、この日はもう時間が遅くて中に入れませんでした。

 

人々が休暇を取る時期の日曜日、しかも曇りで大通りは工事中というタイミングだったので、タンペレはずいぶん寂しい街だという印象を持ちました。

ただ、違う曜日や、晴れた日なら全然違う顔を見せてくれるのではないかと思います。

また、実はタンペレには公共のサウナが多く、ヘルシンキよりずっと多いのだそうです。

今回はそのあたりをカバーできませんでしたが、フィンランドへの理解を深めて、いずれそんなところもご紹介できればと思います。。

 

KEYWORDS