~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記76】無事にタンペレに到着。あわやロッカー難民になるところをギリギリ回避♪

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

VR車窓からの風景

▲ヘルシンキからタンペレに移動中。次第に晴れてきた

モイ!ヘルシンキからVRに乗って、タンペレへ移動中の黒崎です。

フィンランドの鉄道は線路の幅が広く、山が少なくカーブもあまりないため、揺れが少なくて快適です。

急行ではなく各駅停車のような列車で、この列車にはWi-Fiがついていませんでしたが空いていました。

最初は曇っていましたが次第に晴れて、2時間ちょっとでタンペレの街に到着しました。

タンペレ駅の近く

▲タンペレの駅に到着

タンペレの街は、工業地帯と聞いていた通りに倉庫のような建物が目に着き、遠くには煙突なども見えました。

ヘルシンキとは、街の趣が大分違うようです。

列車は静かに、そんなタンペレの駅に滑りこんで行きました。

タンペレ駅

▲タンペレ駅に到着!

タンペレ駅のホーム

▲階段を降りて駅構内へ

駅への到着時も改札などはないので、ただ列車を降りて駅の構内に出るだけです。

タンペレ駅の構内

▲タンペレ駅の構内

駅の構内には、コーヒーや軽食の店、キオスキのような売店が並び、日本の駅と何ら変わりがありません。

ただ、アナウンスが少なくてずっと静かなのが特徴です。他には、トイレが有料だったりします。

タンペレ駅のトイレ(有料)

▲トイレは有料(コインを入れないとドアが開かない)

 

タンペレ駅に着いてすぐに行ったのは、荷物を預けるコインロッカー探し

タンペレ駅の構内

▲コインロッカーを探して駅の中を移動

今日宿泊するホテルは駅の近くですが、チェックインは午後4時からです。しかも無人のホテルなので、チェックイン前にフロントに荷物を預けることは不可能です。

そのため、駅に着いてまず行ったのは、荷物を預けるコインロッカー探しでした。

この後は、歩いてムーミン美術館に行くだけなので、最悪の場合はキャリーケースを引いていってもいいのですが、やはり預けてしまった方がラクですからね。

 

タンペレ駅のロッカー

▲たくさんのコインロッカーがあるが一杯!

表示を頼りにロッカーを探し当てたところ、大小様々なロッカーが揃っていましたが、私の大きな荷物が入るロッカーは限られます。

しかも全て利用中で空きがなかったのですが、幸いちょうど一つ空きが出て、荷物を取り出した人が私に声をかけて教えてくれました。

「Hi! Here is a locker for you.」ありがたいですね。

タンペレ駅のロッカー

▲ちょうど一つだけ空いた!

タンペレ駅のロッカー

▲荷物が入るか?微妙!

一番大きなロッカーでしたがやや細身です。私の荷物が入るでしょうか。

タンペレ駅のロッカー

▲何とか納めることができた(5ユーロ)

押し込んで何とか収納!事なきを得ました。代金は5ユーロでした(630円)。

 

さて、危うくロッカー難民になるところでしたが、幸運にも回避できました。

これで身軽に移動ができるようになったので、足取りも軽く、ムーミン美術館に向ったのでした。。

KEYWORDS