~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記58】森の中で焚き火♪できたてのシナモンロールとコーヒー、マッカラを焼いて食べよう!

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

森で焚き火

▲焚き火を囲んでマッカラ(ソーセージ)を焼く

モイ!個人的に焚き火が大好きな、いい旅フィンランドの黒崎です。

白夜ハイキングの終わりに、参加者全員で焚き火を囲んで、ガイドさんがシナモンロールやコーヒーを用意してくれました!

ヌークシオのネイチャーガイド

▲ヌークシオのネイチャーガイド

ガイド氏は、森の中の案内を終えると、小屋に入ってクーラーボックスのようなものを持ってきました。

これから軽食をふるまってくれるそうです。

焚き火用のスペース

▲森の中の開けた場所にある、焚き火スペース

今からここで火をおこして、1時間程度の軽食タイムです。

本当は焚き火のできる小屋のような場所で行おうとしたのですが、先客があったためこちらになりました。

焚き火を囲んで、焼き立てのシナモンロールといれたてのコーヒーを!

森の中で火をおこす

▲ナイフで木を割ったり削ったりして、いざ着火!

ガイドさんは腰からサーミのナイフを抜き、木を割ったり削ったりしながら、火をおこします。

雨が降った後で薪が濡れていたようで少し苦労していましたが、白樺の木の皮が油を含んでいて、良い着火剤になるのだそうです。

年配のガイドが出てきて、白樺の皮を使うと、確かにすぐ火がつきました。

シナモンロールとコーヒー

▲焼き立てのシナモンロール(おいしい!)といれたてのコーヒー(普通)

ガイドさんがガサゴソと袋から出してくれたシナモンロールはまだ温かく、聞けば近くで焼いているのだそうです。

焼き立てのシナモンロールは格別の味なので、普段日本であまり甘いものを食べない方も、ぜひトライしてみてください。

私もそのクチですが、ここのシナモンロールは本当においしかったです!(コーヒーは普通)

フィンランドのシナモンロールは、ずっしりしていてあまり甘くなく、シナモンだけではなくカルダモンも香るのが特徴です。

 

木の枝に刺したソーセージを、気の済むまで炙ろう!

焚き火でマッカラを焼く

▲自分で焼いて食べるマッカラ(ソーセージ)

フィンランド人はマッカラ(ソーセージ)が大好きで、森の中では木の枝に刺して焼くのだそうです。

私は自分で焚き火もしたかったくらいなのですが、それは叶わないので、せめてソーセージくらいは自分の好みに合わせてじっくり焼いてみました。

このワイルドな感じ、いいですねえ。個人的に焚き火が好きなので心が躍ります。

 

白夜の驚異!ヘルシンキでも23時過ぎまで明るいフィンランドの夏!

22時頃の森

▲時刻は22時過ぎだが、まだ十分に明るい!

軽食タイムを終えて、ガイド氏に別れを告げて森を離れる時に時間を見たのですが、ちょうど22時くらいでした。

それから約1時間かけてヘルシンキ市内へ戻る際に、きれいな夕焼けを見ることができました。。

23時頃の空

▲23時でようやく夕焼けが訪れる

23時頃の空

▲水辺の美しい夕焼け(時刻は23時過ぎ)

ヘルシンキはフィンランドの南部にあるため、7月とはいえもっと日が沈むのが早いと思っていたのですが、日の入りは想像以上にゆっくりでした。

ヌークシオ国立公園の湖に映る夕陽の美しさも格別だそうで、別のガイドさんが出てきて、彼の撮影したコレクションを見せてくれました。

ドヤ顔で次々に見せてくれましたが、どれも自慢したくなるのが分かる、素晴らしい写真でした。

今日も夕焼けがきれいなようですから、彼は湖に向かって撮影にいそしんでいるかもしれません。

いつかまた見せてもらえたら、面白いと思います。