~憧れのフィンランドでオーダーメイドツアーを~

03-5405-4051

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【フィンランド旅行記40】初めての地下鉄に乗って、ヘルシンキ市内からマリメッコ本社へ

KurosakiYasuhiro

この記事を書いた人

kurosaki1

地下鉄の駅

▲地下鉄の乗り口

モイ!昨日ヘルシンキに着いたばかりで、地下鉄に乗るのは初めての黒崎です。

でも、ヘルシンキの交通機関があらかた使い放題になる、デイチケットというチケットは入手済みです。

それに、ヘルシンキの地下鉄は日本と比べるとものすごくシンプルで、線がほぼ一本しかありません。

乗る方向さえ間違えなければ大丈夫なので、早速行ってみたいと思います
(この記事でご紹介しているのは、2017年3月時点の情報です)

地下鉄の駅

▲Helsingin yliopisto(ヘルシンキ大学駅)

先ほどまでエスプラナーディ通りにいて、ホテルカンプの角から真っすぐ北に進むと、ヘルシンキ大学駅があります。

日曜日以外は5時台から電車があり、終電は23:30ようです。

地下鉄の入口

▲何やら壁画のあるトンネルを進み、地下鉄へ

地下鉄の券売機

▲券売機

地下鉄の構内に入ると券売機がありますが、今回はもうチケットを持っているので使いません。

デイチケットを使う時に忘れてはいけない、「最初のピッ」

地下鉄のカードリーダー

▲カードリーダー

使うのはこちら。カードリーダーです。

デイチケットは、使い始めのみこの機械にかざすので、青く光っているところにピッと鳴るまでかざせばOKです。

これは重要なポイントで、デイチケットを持っていても、この「最初のピッ」をしていないと、無賃乗車扱いで罰金を取られるそうです。

必ず「最初のピッ」をやっておきましょう。

今回は既にトラムでカードをかざしてあるので、何もせずにそのまま進みます。

地下鉄の駅

▲ホームへ下りるエスカレーター

エスカレーターの手前にカードリーダーが見えます。

フィンランドの列車には、乗る時も降りる時も、改札というものがありません。

エスカレーターで地下鉄のホームへ

▲結構深いところを走っているらしい

思った以上に深いところを走っているようです。

日本なら、地下鉄がたくさんあるので次第に深くなるのは分かりますが、地下鉄一本だけでこの深さなのは少々驚きです。

オレンジ色の車体と、明るい車内

ヘルシンキの地下鉄

▲オレンジ色の車体が印象的な、ヘルシンキの地下鉄

ヘルシンキの地下鉄は、車体がオレンジ色でとてもきれいです。他の色もあるのでしょうか。

ヘルシンキの地下鉄

▲ほぼ一直線の路線図

ヘルシンキの地下鉄

▲車内もオレンジ色

何とも明るい色の車内ですね。地下鉄のはずですが、少しすると地上に出ました。

地下鉄の駅

▲ヘルットニエミ駅(Herttoniemi)

 

ヘルシンキ大学の駅からほんの10分ほどで、マリメッコ本社のある、ヘルットニエミ駅(Herttoniemi)に到着しました。

デイチケットを持っていて「最初のピッ」も済んでいたので、今日私がしたことといえば、駅を探して電車を乗り降りしただけです。

 

最初はちょっと緊張しますが、地下鉄に限らず、公共の交通機関を使いこなせると、行動範囲が広がって楽しく旅することができます。

私たちも視察でちょくちょく使用しますので、その都度使い方を書いていこうと思います。

さて、ここからは歩いて、マリメッコの本社に向かいます。