オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【ブータン旅行記17】ブータンの国獣に会いに行こう!ティンプーにあるターキン保護区へ

黒崎 康弘

この記事を書いた人

いい旅ブータン 黒崎康弘

クズザンポー。特に動物に強いこだわりはありませんが、ブータンの国獣となれば見ておきたい黒崎です。

ティンプーの街中から車で30分ほどの場所、しばらく丘を登って行った場所に「ターキン保護区」があります。

ターキン保護区の入口

▲ターキン保護区の入口

門の上にターキンのオブジェがありました。

この像によると、結構足が長くてスリムな動物のようですね。

ターキン保護区にあるオブジェ

▲ターキンのオブジェ

もともとは、以前外国から多くの人を招いた際に、あちこちから動物を集めて動物園をつくったそうです。

その後全て放したのですが、ターキンだけはここに住みついたため、保護したのだといいます。

さて、では門をくぐってターキンに会いに行ってみます。

ターキン保護区に入場!

ブータンではガイドさんが払ってくれるので関係ありませんが、ちなみに入場料は100ニュルタム(約200円)、現地の人は半額でした。

▲カフェテリアがある

門を入ってしばらく進むとカフェテリアがあり、ここで食事を取ることもできるようです。

それを越えて坂道を登っていくと、金網で仕切られたエリアがあり、ターキンはその向こうにいます。

ターキン保護区の坂道

▲距離はないが、そこそこの坂道を歩く

ターキン保護区の道

▲金網で囲まれた、保護エリア

ターキンとご対面!

さあ、いよいよごターキンとご対面!と思って歩いていくと、いましたいました。

まずはこちら…。

シカ

▲なぜかシカ

 

あれっ?

 

これシカですよね?

 

聞けば、金網で全てを囲ってあるわけではなく、山に向いた方は開いているため、シカなども入ってくるそうです。

小ジカの他に、大人のシカもいました。

そしてお次は…、

子供のターキン

▲またシカ?

 

色の違うシカかと思いましたが、これが子供のターキンです。

まだ小さくて細身で、角も短く、かわいらしい目をしていますね。

そしてこちらが本命の…、

大人のターキン

▲大人のターキン

 

大人のターキンです!

入口のオブジェと比べると、いろいろ短いようにも思えますが、まぎれもない本物のターキンです。

この個体はさほどでもないですが、大きいものは体長2m、体重400kgにもなるそうです。

 

ターキンの特徴は、ウシとヤギを足したような姿で、かなりずんぐりしていて足も胴体も短いです。

子供の頃とも、大分違う姿ですね。遠くには、もっと多くのターキンが見えました。

 

少し前に放映した「世界ふしぎ発見」で、ターキンは意外に攻撃的と言っていたので、突っ込んでくるところを動画に撮ろうと思っていましたが、こちらを無視して草を食むばかりで、一向に攻撃してくれませんでした。

ただ、草を食む様子は撮影できました。

 

注文の多い保護区

ターキン保護区の注意書き

▲保護区には多くの注意書きがある

ターキンはブータンの国獣ですから、保護のために様々な注意事項が書かれています。

その一部をご紹介しましょう。

DO NOT LITTER AROUND THE ENCLOSURE(ごみを散らかさないで)

DO NOT FEED THE ANIMALS(動物にえさを与えないで)

STAY AWAY FROM THE FENCE(フェンスに近づかないで)

DO NOT TEASE THE ANIMALS(動物をからかわないで)

 

他にも、「花を抜かないで」「犬を連れてこないで」「騒がしくしないで」と、いろいろな注意が書いてあります。

違反した場合、一度目は罰金500ニュルタム(約1,000円)、二度目は1000ニュルタム(約2,000円)と記載がありました。

 

ターキンが山の上の方に行ってしまうと、ほとんど見えないこともあるそうですが、間近で子供を一頭、大人を二頭、遠くにはもっと多くを見ることができたので、実はツイていたようです。

 

とにかくターキンに会えてよかったです。

 

さて、これで気が済んだので、街に降りてランチに向かいます。