オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

ティンプーで初雪!(2018年12月18日)

松澤真二

この記事を書いた人

いい旅ブータン 松澤真二

本日(2018年12月18日)、ブータンの首都ティンプーで初雪が降りました!

沖縄県と同程度の緯度にあるブータンですが、ヒマラヤの山岳にある国だから、雪は珍しくないでしょ?と、誰もが思うかもしれません。

そう、ブータンの冬は寒く、毎年雪は降ります。

雪は確かに珍しくないのですが、珍しいのは「ブータンでは、初雪の日は国民の休日となる」という点です!

そう、今日は初雪が降ったので、会社も学校もみんなお休みになるのです。

では、なぜ、ブータンでは初雪の日はお休みになるのでしょう?

のんきで、のんびり屋さんの多いブータン人のことだから、「雪が降るほど寒い日はお休みになるのかな」と思っていたのですが、どうやら違うようです。

ブータン人にとって、「雪は神聖なもの」。そして、今年も順調に雪が降り、本格的な冬になった。今年も順調に季節が巡り巡っているのだなぁと、「天候に感謝する意味」があるそうです。

日本同様、美しい四季のあるブータンらしい考え方ですね。

早速、今日のお昼(現地では朝9時)、現地ティンプーのオフィスから写真が送られてきました。

「今日は初雪でお休みだよ!」と。うらやまし~~~~~T_T

ティンプーで初雪!ティンプーで初雪!