オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【ブータン松茸について】

松澤真二

この記事を書いた人

いい旅ブータン 松澤真二

ブータンでは、以前は松茸は見向きもされなかったのですが、

最近、日本をはじめ外国では高く取引されていることから、ブータン国内でも人気が出てきて、

なかなか昔のようには簡単に取れなくなったといいます。

ブータン人は、マツタケのあの香りが苦手らしく、あまり好んで食べないといいます。

しかしながら、高価な値段で海外に売れることから、今では「サンゲ・シャモ(釈迦のきのこ)」と呼ばれ、大変重宝されているとのことです。

時差、ブータンのマツタケは質も良く、標高の高い地域(約3,000m)で育つことから、虫もつかず、海外に輸出するには最高の商品だとか。

もちろん、日本にお土産で持って帰ることもできます。

専門業者に依頼すると、発泡スチロールのパッケージに、強力な保冷剤入りで、しっかり梱包。

しかも、きちんとした証明書付きなので、日本の税関も問題なく通ります。

気になるお値段は、1kg(大きさによってまちまちですが約20~30本)で、100米ドル。

とてもお買い得です。

日本では、今が松茸の旬ですね。

来年の夏は、ぜひ、日本よりもちょっぴり早い松茸を堪能しに、ブータンに出かけませんか!

ブータンのマツタケ

▲ブータンの松茸