オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

ITBBTN1501【インドから陸路で国境越え!】ブータン大横断 15日間

ツアーの内容

訪問地と体験

①プンツォリン・・・ブータンには陸路で入国できるゲートが3ヶ所あります(全てインドから)。その中でも最も西に位置しているのがプンツォリン。3ヶ所の中で最も人の行き来が多い国境です。インド側は西ベンガル州。最寄りの空港のある都市はバグドグラです。インドのダージリンやシッキムと絡めてツアーで訪れる日本人観光客も多いです。

②ハ・・・ブータンの自動車道路最高所のチェレ・ラ(3800m)の峠をパロと隔てた、まさに山里と呼ぶにふさわしい場所です。伝統的な生活を垣間見ることができます。インドに近く、ハ・ゾンはインド軍の駐留基地となっています。

③パロ・・・ブータンの空の玄関。雄大なパロ谷の谷底に滑走路があり、世界で最も離発着の難しい空港と言われています。もちろん、雄大なパロ谷の景色も絶景です!

④ティンプー・・・ブータンの首都。ブータンの政治・経済の中心地。ゾンや寺院など、市内各地に最所が凝縮されています。

⑤プナカ・・・ブータン国内では標高が低く(1,200m)、亜熱帯気候で冬でも暖かいため、かつては、寒い冬の間は、ティンプーからここに都を移し、「冬の首都」として機能していました。プナカ・ゾンは、ブータン中にあるゾンの中で最も美しいゾンと言われています。

⑥ウォンディポダン・・・首都ティンプーと中央ブータンや東ブータンをつなぐブータンの交通の要衝。尾根の上の街があり、心地よい風が通り抜け、非常に眺めのよい街です。

⑦トンサ・・・ブータンの「へそ」とも称される、まさにブータン王国のど真ん中に位置する交通の要衝。標高2,000m。第3代国王の生家があり「王家の谷」としても知られています。ブータンには県知事にあたる「ペンロプ」という役職があります。歴代のトンサのペンロプ(知事)は、ペレ・ラ以東の広大な領域を支配しブータン内で大きな力を持っていました。そのため、現在でもブータン国王は、即位前に必ずトンサ・ペンロプの役職に着くというしきたりがあります。現在の第5代国王ジグメ・ケサル・ナムギャル・ウォンチュク国王も就任前に、このトンサ・ペンロプの役職に就いていました。

⑧ジャカル(ブムタン地方)・・・「ブムタン」とは街の名前ではなく、チュメ、チョコル、タン、ウラという4つの谷が集まるこの地域の総称です。その4つの谷の中心地がチョコルという谷。そしてチョコルの谷に中央ブータンの中心地・チャムカルという街があります。この街は一般的には「ジャカル」と呼ばれていますが、実は「ジャカル」とはゾンの名前なのです。ブムタン地方は平均して標高約3,000mほどの高地。パロやティンプーでは稲作をしていますが、この地域はは寒冷な気候から稲作が定着せず、ソバや麦作り、ヤクや牛の放牧が中心となっています。ブータンに最初に仏教が伝わったのはこのブムタン地方。もともとこの「ブムタン」がブータンの宗教の中心地だったのです。

⑨モンガル・・・東ブータンの入り口。パロやティンプーから、車で向かうと東ブータンの中では一番最初に出会う町です。

⑩ルンツェ・・・モンガルからヒマラヤ山脈に北上すること3時間。クル・チュという美しい川と渓谷が広がります。古くからチベットとの交易で重要な地であり、王室の故郷でもあります。岩山に築かれたルンツェ・ゾンは、ブータンの中でも最も美しいゾンと言われています。

⑪コマ・・・ルンツェ近郊にあるヒマラヤの織姫の里。特に白地に鮮やかな絹糸を織った布が有名で、王族ゆかりのキラもこの地で織られたものが多い。

⑫タシ・ヤンツェ・・・ブータン最奥の村。木地師の町としても有名です。漆器などの木材加工品はお土産に最適です。また、チョルテン・コラというネパール式の大仏塔は東ブータン最大の聖地としても有名です。

⑬タシガン・・・東ブータンの中心地。現在、タシガン・ゾンは修復中です。近郊にランジュンという村があり、野蚕(ブラ)の産地として有名です。

⑭サムドゥプジョンカル・・・ブータンには陸路で入国できるゲートが3ヶ所あります(全てインドから)。その中でも最も東に位置しているブータンの陸の玄関口の町。インド側はアッサム州で、最寄りの空港のある都市はグアハティです。

企画者より

ヒマラヤの神秘の王国・ブータンを一度に巡る究極の旅。インドとの国境を陸路で越え、西部から東部へと完全横断!もちろんブータン内は安心の日本語ガイド同行!
ブータンを西から東へと移動していく中で変わり行く植生や景観、人々の生活。GNH(国民総幸福)を国是とする世界で一番幸せな国・ブータンの全てを知る旅です。
延泊や観光内容、ホテルや食事のご希望などお気軽にご相談下さい。この15日間のツアーを走破すれば、ブータンの全てが見えてくる!まさに、ブータン旅行の完全版!

スケジュール

【1日目】
エアインディアにて、デリーへ。11:30成田空港発/17:00デリー着。
着後、専用車にてホテルへ。
(デリー泊)
【2日目】
ホテルにて朝食後、午前中、デリー発、国内線にて、西ベンガル州のバグドグラへ。
着後、英語ガイドが出迎え。専用車にてブータンの国境プンツォリンへ。(約4時間半)
<陸路で国境を越え、ブータンに入国します>
現地日本語ガイドが、国境ゲートでお出迎え。
ホテルにご案内いたします。
(プンツォリン泊)
【3日目】
ホテルにて朝食後、プンツォリンの中心に建つサンドペルリ・ラカンを見学します。その後専用車にて北へ向かいチュ・ゾムを経由し、西ブータンのへ向かいます。途中、ドブジ・ゾンを遠望します。
(ハ泊)
【4日目】
ホテルにて朝食後、ハの観光(昔ながらの雰囲気を色濃く残す街の散策ラカン・カルポラカン・ナクポ、インド軍の駐屯地となっているハ・ゾン)。その後、チェレ・ラ(3800m)を越えてパロへ。途中、ダショー西岡京治氏を記念したチョルテンを見学します。

※ブータンの自動車道路最高地点のチェレ・ラ(3800m)では晴れれていれば美しいジョモラリジチュダケ等の美しいブータンヒマラヤの姿を望む事が出来ます。
※チェレ・ラでは4~5月にかけては色とりどりのシャクナゲを、6~7月にかけてはブータンの国の花・ブルーポピーを見ることができます。パロから気軽にブルーポピーを観察できる場所としても有名です。
(パロ泊)

【5日目】
ホテルにて朝食後、パロ谷の観光(かつてのチベットとの交易路上に建つドゥゲ・ゾン、ブータン随一の聖地・タクツァン僧院へのハイキング(往復約6~7時間)、ブータン最古の寺院の一つキチュ・ラカン民家訪問、街の散策等)。
※ご希望の方はパロの民家にてブータン風石焼風呂のドツォ体験の民族衣装ゴ・キラの試着体験等もお楽しみいただけます。
(パロ泊)
【6日目】
ホテルにて朝食後、前日に引き続き簡単なパロ谷の観光(映画リトルブッダの撮影地ともなった巨大なパロ・ゾン、パロ・ゾンの見張塔タ・ゾンを改築した国立博物館等)

その後、首都ティンプーへ向かいます。着後、ティンプー市内観光(第3代国王記念仏塔メモリアル・チョルテン、巨大な黄金のブッダポイント展望台、ティンプーの街を護るお寺チャンガンカ・ラカン、ブータンの国獣・ターキン保護区ドゥプトゥプ尼僧院、ブータンの宗教と政治の中心であるタシチョ・ゾン等)。
(ティンプー泊)

【7日目】
ホテルにて朝食後、専用車にてウォンディポダンへ向かいます。途中かつて冬の間の首都であった古都プナカプナカ・ゾンチミ・ラカン)の観光へ。道中、晴れていればドチュ・ラからブータンヒマラヤの雄姿を望むことが出来ます。
※プナカ郊外のチミ・ラカンへはのどかな田園地帯の中をゆっくりと歩くハイキングをお楽しみいただきます(片道約30分)
(ウォンディポダン泊)
【8日目】
ホテルにて朝食後、専用車にて、ヨトン・ラペレ・ラを越えて、中央ブータン・ブムタン谷の中心地・ジャカルへ向かいます。途中、トンサにてトンサ・ゾンを見学します。また、チェンデブジ・チョルテン、スンゲイにある中央ブータン特産の織物・ヤタの工房も見学します。
※2012年6月に発生した火災の影響で現在ウォンディポダン・ゾンの見学は出来ません。
(ジャカル泊)
【9日目】
ホテルにて朝食後、終日、聖地ブムタン谷の観光(パロのキチュ・ラカンと並ぶブターン最古の寺院の一つジャンペ・ラカン、グル・リンポチェがブータンで最初に訪れた名刹クジェ・ラカン、かつての王家の宮殿ウォンディチョリン宮殿、「白き鳥の城」と呼ばれるジャカル・ゾン、タムシン・ラカン、埋蔵法典テルマの伝説が残る聖地メンバル・ツォ等)。
(ジャカル泊)
【10日目】
ホテルにて朝食後、専用車にて東ブータンの入り口・モンガルへ向かいます。途中、ウラ谷に立ち寄りウラ・ラカンを訪れます。その後、トゥムシン・ラ国立公園を通り抜け、3740mのトゥムシン・ラを越えます。
(モンガル泊)
【11日目】
ホテルにて朝食後、モンガル・ゾンを見学。その後、専用車で、ヒマラヤに向けて北上し、クルテ地方の中心地ルンツェへ。着後、ブータンにあるゾンの中でも屈指の美しさを誇るルンツェゾンを見学します。
その後、「ヒマラヤの織姫の里」コマへ。その後、「ヒマラヤの織姫の里」コマへ。着後、織物工房を見学します。白地に鮮やかな絹糸を織り込んだ高級織物のキシュタラもご覧いただけます。観光後、モンガルに戻ります。
(モンガル泊)
【12日目】
ホテルにて朝食後、専用車にて、ブータン最奥の里で、木工細工の有名なタシ・ヤンツェへ。着後、タシ・ヤンツェの観光へ(カトマンズの大仏塔ボダナートを彷彿させるネパール様式の大仏塔・聖地チョルテン・コラ、山の上に建つ旧タシヤンツェ・ゾン、ポップ(漆器)の工房等)。
その後、専用車にて、タシガンへ。途中、グルリンポチェ(パドマサンヴァバ)が瞑想したという、聖地ゴム・コラに立ち寄ります。
(タシガン泊)
【13日目】
ホテルにて朝食後、タシガン・ゾンを見学。その後、専用車にて、国境の町サムドゥプ・ジョンカルに戻ります。(約7時間)
途中、カンルンにて織物工房と、貴重な仏像が見られるサンドぺルリ・ラカンを見学します。
(サムドゥプ・ジョンカル泊)
【14日目】
ホテルにて朝食後、日本語ガイドとお別れ。専用車にて、英語ガイドと共に国境を越えインド・アッサム州のグアハティへ。(約2時間半)
着後、国内線にて、デリーへ。
デリー着後、国際線にお乗り継ぎ。
エアインディアにて、帰国の途へ。
デリー21:15発
(機中泊)
【15日目】
成田空港 08:45着 帰国。

ご利用条件

【利用予定ホテル】

1日目 スタンダードクラス
2日目 スタンダードクラス
3日目 スタンダードクラス
4日目 スタンダードクラス
5日目 スタンダードクラス
6日目 スタンダードクラス
7日目 スタンダードクラス
8日目 スタンダードクラス
9日目 スタンダードクラス
10日目 スタンダードクラス
11日目 スタンダードクラス
12日目 スタンダードクラス
13日目 スタンダードクラス

14日間 機中泊

【利用予定の航空会社】

AI:エアインディア

【食事・ガイド・車】

食事: 朝食13回 昼食12回 夕食13回(機内食を除く)
添乗員:なし。インド・デリー:日本語ガイド、インド・バグドグラ及びグアハティ:英語ガイド、ブータン内:日本語ガイドが同行します
車両:専用車
最少催行人数:2名様~

(お一人様の場合も追加代金にてご利用いただけます)

ご出発地と料金

※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。

出発地:成田空港

ご旅行代金の目安:440,000円~580,000円
(燃油サーチャージ、空港利用料などが別途必要です)

ご予算に合わせたツアー内容のアレンジも可能です。 延泊、ホテル・行程の変更、設定日以外のご出発など、何でもご相談ください。

ご注意事項

※ブータンへの入国には査証(ビザ)が必要ですが、弊社にて代行取得を扱っております。詳細はお問合せ下さい。

※本ツアーは、インドにも入国するため、インド査証(ビザ)も必要となります。弊社にて代行取得を扱っております。詳細はお問合せ下さい。