オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【ブータン視察記4】仮住まい中の、ブータン国立博物館を見学

黒崎 康弘

この記事を書いた人

いい旅ブータン 黒崎康弘

こんにちは。いい旅ブータンの黒崎です。

パロは唯一の国際空港がある場所で、ブータンの玄関口となっており、まずは国立博物館とパロ・ゾンに行くのが定番のコースです。

ブータン初心者の私も、まずこの2つを見てみようと思います。まずは国立博物館です。

パロ空港

▲パロ空港の建物

パロ空港の滑走路

▲空港滑走路の横を走る

国立博物館(仮住まい)

パロはどこへ行くにも近く、国立博物館も空港から車で30分もあれば着きます。

本来の国立博物館は、地震の被害にあって修復中のため、仮の建物に入って収蔵品を見学します。

入場料は200ニュルタム(約400円)と、そう高くはないのですが、ブータン人は10ニュルタム(約20円)なので、観光客は20倍もの金額を払うことになります。

比べると少々高いですね。子供や僧侶は無料でした。

まあ400円ですし、ガイドさんが払ってくれますので、気にせず行ってみましょう。

国立博物館

▲国立博物館の受付

国立博物館(仮)

▲現在使用中の国立博物館(仮住まい)

手荷物はロッカーに預けて入り、中は撮影が禁止です。

まさか隠し撮りをするわけにもいかないため写真がありませんが、ツェチュと呼ばれるお祭りで使うお面が壁に飾られ、祭りの様子がビデオで流されていました。

シーズンに訪れないとツェチュは見られないため、様子が分かるのはよいと思います。

その他、たくさんの仏像や、ブータンの生き物などが展示されていました。

意外にも南の方にはワニもいるようで、ひらきになったワニ皮なども展示されています。

本来の国立博物館

▲本来の国立博物館

現在仮展示中の建物の向かいに、本来の博物館が見えます。

特に作業をしているようには見えませんでしたが、2015年の地震でダメージを受けて現在修復中とのことです。

この建物は構造が特徴的だそうなので、手間取っているのかもしれません。

 

ダルシン(経文旗)

単に旗が立っているだけに見えますが、よく見るとダルシンにはお経が書かれていて、風にはためくとお経が読まれるのと同じ効果があるそうです。

敬虔な仏教徒であるブータン人は、とにかく国中をお経で満たしたいんですね。

ダルシン(経文旗)

▲ダルシン(経文旗)

パロ谷の絶景

この場所に来てみるべきもうひとつの理由が、この景色です。

博物館のある高台から見ると、パロが谷に開けた狭い平地にあることがよく分かります。

ここは絶景スポットですので、ぜひ訪れましょう。

高台から見たパロ谷

▲高台から見たパロ谷

 

さて、次回はパロ・ゾンを見に行きます。