オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

ちょっと(いやかなり)遠いけど、松茸を求めてブムタン地方へ!

松澤真二

この記事を書いた人

いい旅ブータン 松澤真二

ブムタン地方へ

▲いざブムタン地方へ!

クズザンポーラ!引き続き、松茸を求めてブータンを旅行中の松澤です。

 

今目指しているブムタン地方は、首都ティンプーから、車で10時間ほどかかるので、ちょっと(いやかなり)遠いです。

通常は、途中のワンデュ・ポダンか、トンサで1泊しますが、今回は、往路はワンデュ・ポダンで一泊し、復路はトンサで1泊しました。

 

ちなみに「ブムタン」とは街の名前ではなく、チュメ、チョコル、タン、ウラという4つの谷が集まる、この地域の総称です。

その4つの谷の中心地がチョコル。そしてチョコル谷に中央ブータンの中心地・チャムカルの街があるんです。

また、この街は一般的には「ジャカル」と呼ばれていますが、正確に言うと「ジャカル」とはゾンの名前になります。

 

ブムタン地方は、標高2,000~3,000mほどの高地にあります。

パロやティンプーでは稲作をしていますが、この地域は寒冷な気候から稲作が定着せず、ソバや麦作り、ヤクや牛の放牧が中心となっています。

ブータンの牛

▲ブータンの牛

その牧歌的な風景は、ブータンの中のスイスとも呼ばれています。

本当に空気がおいしくて、景色も良くて、小麦畑が黄金色に色付き、そばの花が美し咲き誇り、まるでこの世の天国かと思うような風景です。

 

そして、ブータンに最初に仏教が伝わったのはこのブムタン地方。もともとこの「ブムタン」がブータンの宗教の中心地だったのです。

そのため、数多くの古刹・名刹寺院が多く、お寺巡りするのも楽しい場所です。

 

でも、そうそう、今回の目的は「マツタケ」!

「マツタケをたくさん採って。おなか一杯食べるぞ~!」と意気込んでブムタン地方を目指しました!