オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

エマ・エマ・エマ!世界一唐辛子(とうがらし)を食べるのは、ブータン人!

松澤真二

この記事を書いた人

いい旅ブータン 松澤真二

クズザンポーラ!いい旅ブータンの松澤です。

「ブータン料理は世界一辛い!」という声をよく聞きますね。

でも、確かに辛いことは辛いけど、メキシコ料理や韓国料理、インドカレーの方がずっと辛いというのが、私の正直な感想です。

ただ、世界一とうがらしを使うのはブータン料理で、世界一とうがらしを食べるのはブータン人、ということは間違いないでしょう。

例えば、ブータンの首都ティンプーのサブジ・バザール(野菜市場)でも、多く売られている野菜はとうがらしです。その量は圧倒的で、半端ではありません。

市場に並ぶのは、大量のとうがらし!

エマ(とうがらし)

▲大量の生とうがらし

エマ(とうがらし)

▲エマ(とうがらし)と、パウダーの唐辛子

エマ(とうがらし)

▲乾燥とうがらし

市場を見渡すと、とにかくあちこちでとうがらしを大量に売っています。

それだけ日常的に食べられていて、需要があるというなんですね。

ブータン人の生活にはエマ(とうがらし)が欠かせない!

エマ(とうがらし)

▲どこの家にも軒下にはエマ(とうがらし)。ブータンの秋の風物詩

最も有名なブータン料理「エマ・ダツィ」

ブータン料理

▲ブータン料理は野菜たっぷりでヘルシー。人参とスプーンの間にあるのがエマ・ダツィ

ブータンの言葉で、とうがらしは「エマ」といい、エマを使ったブータン料理はたくさんあります。

中でも最も有名なものは、チーズ(ブータンの言葉で「ダツィ」)と一緒に煮込んだ「エマ・ダツィ」です。

クリーミーな辛さが癖になるブータンの国民食で、ごはんに合います!とってもおいしいですよ!

観光客向けには、辛さを抑えたものも提供されているので、ぜひ、ブータンを訪れた際はお試しください♪