オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

ブータン旅行で、最初に降り立つパロはこんな場所

黒崎 康弘

この記事を書いた人

いい旅ブータン 黒崎康弘

ブータン旅行で、空路で最初に降り立つパロはこんな場所

ブータン パロゾン

▲パロ・ゾンからの眺め。ダルシンが風にはためく

空の玄関口・パロ

ブータン王国の空の玄関口であるパロは、ブータンで唯一の国際空港で、空路でブータンに行く場合、最初に降り立つのはこのパロとなります。

標高は約2,300mで、街の真ん中をパロ川が流れています。ブータン国内では珍しく平らな土地が多い場所で、そのためこのパロ谷に空港が作られました。

空港に降り立つと、パロ谷の真ん中に立つことになり、視界を遮るものがほとんどありません。

どちらを見ても山が目に入る、パロ谷の雄大な風景は、「ブータンに来たんだ」という実感を高めてくれます。

ブータン パロ

▲パロ空港を降り立つと、山並みやゾンが見える

また、丘の中腹にあるパロ・ゾンからは、パロ谷を見下ろすことができます。

のどかな田園風景の中を悠々と流れるパロ川や遠くの山、谷間に広がる街並みを眺めていると、穏やかな気持ちになってきます。

ブータン パロ・ゾン

▲パロ・ゾンから望むパロ川や水田などの風景

パロの町

パロの町並みは、下記の写真のように昔ながらのブータン建築様式の建物がずらっと並んでいます。

外灯はあるものの、電線や電柱のないことに気づく方も多いと思います。

昼間はほとんど灯りをつけず、暗く感じられる店がほとんどのため、電気が通じてない町なのかと思いますが、暗くなれば外灯もきちんと明かりがつき、きちんと電気が通じています。

この町では、景観や伝統を保護するために電線が地中に埋められているのです。

ブータン パロの街並み

▲パロの街並み

パロ・ゾンと博物館

パロ観光のハイライトは、丘の中腹にあるパロ・ゾンと、丘の上にあるタ・ゾンです。

タ・ゾンは、元は見張り台だったものを博物館にしたのですが、地震のため現在は修復中で、すぐ近くの建物で収蔵品を陳列しています(2017年6月現在)。

ブータン パロ

▲パロ・ゾンとタ・ゾン(国立博物館)

パロ郊外の見どころ

タクツァン僧院

空港から車で30分も行けば、タクツァン僧院の登り口に到着で、近くにはホテルもあります。

山道ばかりで大変、という印象のあるブータンですが、最も有名な観光地が空港から非常に近いのが面白い点です。

タクツァン僧院

▲タクツァン僧院

ニシオカ・チョルテン

かつて日本人の西岡氏が、ブータンの農業の発展に尽力したため、国王から「ダショー」という栄誉ある称号を授かりました。

かれの功績を称え、棚田を見下ろす高台に仏塔が建てられ、ニシオカ・チョルテンと呼ばれています。

ニシオカ・チョルテン

▲ニシオカ・チョルテン

パロの街は、平らな場所の多くを空港に使われてしまったこともあり、どこに行くのも近いのが特徴です。

街は一本のメインストリートに多少の裏道があるだけなので、歩いて簡単に見てまわれます。

有名なタクツァン僧院やニシオカ・チョルテンも、車で30分ほどの距離で、すぐれたホテルが点在しているのも特徴です。

パロの魅力は、ただ空港があるだけではなく見てまわるものがあることと、都会となったティンプーよりも、ずっとブータンらしい風景を楽しめるところです。

訪れる季節によって田んぼの様子も変わるため、目に入る風景も大きく変わります。

パロに着いたら、まずはブータンらしいのんびりした空気を感じてみてください。

 

(この記事は「いい旅セカンドライフツアー」から転載し、加筆・修正しています)