オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

ブータン旅行のお土産ってどんな物があるの?

龍石堂 淳

この記事を書いた人

いい旅ブータン 龍石堂淳

未開の地と思われがちなブータンにも、素朴なものから特徴あるものまで、お土産になるものはいろいろあります。

高価な仏具などもありますが、比較的買いやすいものを中心にご紹介してみます。

民芸品やその他の品

織物

ブータンの織物

ブータンの織物は、もともと農閑期となる冬場に、ブータンの女性が家の中でできる作業として広まっていました。

比較的未開の地と言える、東ブータンの織物は技術が高く、高級品として知られていてやや値が張ります。

とは言え織物はブータン全土で行われていて値段はピンからキリまであり、おみやげにピッタリな価格帯の品も多いのでご安心ください。

ブータンを代表する織物である「キシュタラ」は、ショールやバッグ、ポーチ、小物入れなど、いろいろな商品になっています。

切手(切手シート)

ブータンの切手は、変わったデザインのものが多くて楽しめます。

以前は国王や高山植物など、ちょっと変わったデザインの紙の切手だけでしたが、近年では布、CD、セルロイドなど、さまざまな素材を用いた切手が販売されています。

町なかの店で思い通りの切手を買うのは少々難しいのですが、ティンプー中央郵便局は結構品揃えが豊富なのでおすすめです。

食べ物と飲み物

松茸(生松茸、松茸の缶詰、乾燥松茸)

ブータンは、知る人ぞ知る松茸(マツタケ)の産地です。

昔から森の恵みとしてキノコを採ってきましたが、実はブータン人にとって松茸は、「あまり美味しくなく、人気のないキノコ」です。

7月~9月に天然松茸がたくさん採れてもブータン人は食べないため、ブータンでは比較的安価に松茸を買うことができます。

おみやげにちょうどよいのは、缶詰と乾燥松茸です。生の松茸をおみやげにする場合は、時期が限定されるうえ、植物検疫証明書が必要となります。

ブータンのマツタケ

▲ブータン産の松茸

ウイスキー

ブータンでは数種類のビールをつくっていますが、ウイスキーもつくっています。

スコットランドから原酒を取り寄せ、ヒマラヤの水で仕込んでいるそうで、価格の安いものから、5代目国王の戴冠を記念してつくられたK5という銘柄までいろいろです。ティンプーのスーパーなどで買えるので、ぜひお試しになってみてください(スッキリした味でおいしかったです)。

空港の免税品店では、ブータン産ウイスキーは売っていないようですので、お買い求めは街中にてどうぞ。

ブータンのウイスキー K5

▲ブータンのウイスキーK5(922BTN=約1800円)

チリ、スパイス類

チリパウダーの他、ブータンの家庭でつくっている、ホームメイドの辛み調味料が売っています。

中に唐辛子が入ったものや、ペースト状のものもありますが、まとめて買いやすいのは乾いたタイプです(下の写真一番右)。

軽くて大きさが手頃で、値段も安い(130BTN=約250円)ので、バラまき用にもピッタリです。

料理の仕上がりに少し加えるだけで、ブータン風の味わいを楽しめます。

チリパウダーと辛み調味料

▲チリパウダーと辛み調味料

スナック類(HAPPY CHIPS)

袋に入っていて少々かさばりますが、パッケージがちょっと面白いのでご紹介します。

HAPPY CHIPSと書かれたブータン製のポテトチップで、いくつかのカラーで味が分かれています。

黄色は塩味、緑はブータンスパイス味、赤はエマ・ダツィ味です。

この時は、赤と黄色が25BTN(約50円)、緑色が50btn(約100円)でした。

HAPPY CHIPS

▲ハッピーチップス

そば

ブータンではおそばも食べられます。このパッケージはきしめんのようなタイプで、ブータンでは茹でたそばをタレに絡めたり、他の具材と炒めたりして、汁の少ない料理として食べるようです。

ブータンそば

▲ブータンのそば

赤米

ブータンで良く食べられる赤米です。

レンガのように四角くパッケージされているので、スーツケースに入れやすい形をしています。

赤米

▲赤米

この他にも石けんや乾燥リンゴなど、スーパーに行くとブータン製品のコーナーがあります。

パッケージにOGOPと書かれたものがいくつかありますが、これはブータンで行われている地方活性化のためのプロジェクトです。

ONE GEWOG ONE PRODUCTの略で、「ひとつの郡(ゲオック)からひとつの製品」という意味を持っています。

 

 

(このページには、引き続き他のお土産も書き加えていきます)