インドビザ申請書をオンライン作成する方法と、気をつけるポイント

インドに行くと決めたらビザを取ろう!

インド旅行に行くには、インドビザが必要です。

正確にはインドに入るのに必要で、空港でアライバルビザを取得することもできますが、このページでは出発前にオンラインで申請書を作成し、インド大使館へ申請する方法(レギュラービザ)をご紹介します。

かなり入力する内容が多く、間違えるとやっかいな点があるので、そのあたりを重点的にご案内します。

他の国のオンライン申請と、インドビザの違い

オーストラリアのETAS(イータス)、アメリカのESTA(エスタ)、スリランカビザなど、ビザのオンライン申請を行っている国はいくつかあります。

これらの国は、WEBページに接続して必要な情報を入力し、クレジットカードで数千円の支払いをすることで、電子的にビザが発行されます。

インドビザのオンライン申請が始まると聞いた時は、私達旅行業界の人間も、便利になるのだなと思いました。

ところが、インドビザのオンライン申請は、まるで違います。

項目が多くて面倒ではあるものの、オンライン申請するところまでは同じです。その後が違います。

普通はそれでビザが取れて終わりのところを、インドの場合はその後実際にビザ申請に行き、受け取りのためにまた行かなければなりません。

つまり、「オンラインで申請用紙を作れる」というだけなのです。

▲面倒だけどやるしかない

ビザ申請に必要な情報が多い

インドビザを申請する前に、必要な情報を集めましょう。入力を始めてからだと大変なので、その前に用意します。

自分の住所やパスポート情報などは当然として、その他のものをご紹介します。

・両親の国籍、ある場合は以前の国籍、

・過去10年間の渡航歴

・以前にインドに行った時の滞在先住所等

オンライン入力時の注意点

インドビザのオンライン申請については、詳細に説明しているページがあるため、実際にやってみて気づいた点にポイントを絞ってご説明します。

下の画面写真を見るだけでも結構な項目がありますが、これは画面の半分で、同じくらいのボリュームがあと2ページあります。

宗教もきちんと選ぼう

宗教に熱心な人から「あなたの宗教は何ですか?」と聞かれた場合、「特にありません」と答えてしまうこともありますが、ここではきちんと答えなければ先に進めません。

インド人にとって、「無宗教」などという概念は存在しないのです。

仏教から始まり、ヒンドゥー教、イスラム教、ゾロアスター教なんてのもありますが、ここでは無難に「仏教」を選びます。仏教はもともとインドから伝わったのですから、仏教を選んでおけば問題はないはずですね。

アクセスコードの入力

画面入力が進むと、次のページに進む前にアクセスコードの入力が求められます。

セキュリティ強化のためのもので、画面に表示されているちょっと歪んだ文字を入力するというアレです。

インドビザの場合、特に文字が読みにくいということはないので良いのですが、注意点もあります。

この例の場合、「O」をどう読むか悩むところですが、Oはアルファベット大文字のオーではなく数字のゼロです。

ゼロと混同してしまうため、アクセスコードで数字のゼロが出てくることはないという親切設計なのですが、ここで間違うとそれまでに入力したデータが全部消えてやり直し、という不親切な設計でもあるため注意が必要です。

アクセスコードでアルファベットのOは出てきません。全て数字のゼロですのでご注意ください。

バックアップのためにメモを取ろう

うまく画面が進むと、右上に紫色の文字でApplication IDというものが出てきます。

これは、途中で申請をやめても続きからできるというコンティニュー機能のためのものです。まだ先は長いので控えておきましょう。

▲IDはメモにとっておこう

ついに終了!→ビザ申請用紙をGET

インドへの渡航歴と訪問地、滞在先、過去10年間の他国への渡航歴など、その後も様々な項目を入力して、ようやくオンライン申請が完了します。

ここで手に入るのは、「ビザ申請用紙」に過ぎないのがやや報われない点ですが、国の制度なので仕方がないですね。

後はこれを印刷し、写真を貼ってサインを二か所にすれば申請用紙は完成です。

インドビザ申請用紙

▲ようやく出来上がったインドビザ申請用紙

この後はいよいよ、インド大使館に出向くことになりますが、まずはお疲れ様です。

これにて、オンラインでのインドビザ申請作成は完了です。

ご自身でトライなさる方も多いですが、お時間のない方などはご依頼いただくのも一考です。

まずはビザを取得して、インド旅行に備えましょう。

インドビザフル代行サービス


ページの先頭へ