夏限定!私がオススメする絶品トウモロコシは【嶽きみ】

▲夏といえばトウモロコシ!


そろそろトウモロコシが美味しい季節になりますね。
トウモロコシといえば北海道産!と、思い浮かべませんか?

もちろん北海道産も美味しいのですが、青森県産の「嶽きみ(だけきみ)」というトウモロコシは糖度18℃とまるでメロンのような甘さで、シャキッとした食感がたまらない!

一度食べたらやみつきになるのは間違いありません!

「嶽きみ」の名前の由来・収穫場所と時期は?

▲青空に映えるトウモロコシ畑

青森県の弘前市近郊の嶽地区で8月下旬から9月上旬に収穫されるトウモロコシです。

津軽地方の方言でトウモロコシを“きみ” と言うそう”で、そこから生産地名の“嶽”+トウモロコシの方言“きみ”で「嶽きみ」と名付けられました。

「嶽きみ」は、朝晩の寒暖の差が激しい(10℃以上)標高500mの田畑で育てられているため、甘さが増して美味しいトウモロコシが育つのだそう。

収穫量が限られているため大変貴重なトウモロコシなんですよ。

「嶽きみ」はどこで買える?購入方法も知りたいな

▲通販でポチっと!

現地の農家直営販売所や道の駅、スーパー等で購入できますが、遠方の方が買いに行くのも大変ですし、収穫量が限られているため買えないことも・・・

でも安心して下さい!
嶽きみの購入は通信販売で予約することが最もオススメです。

予約受付は6月初旬から8月中旬頃までですが、早期完売となることもあるようなのでお早目のご予約を!

発送は8月中旬から順に行われます。

「嶽きみ」のお値段が気になりますよね

通常スーパーなどで売られているトウモロコシは1本250円~300円ぐらい、それに比べて「嶽きみ」は1本350円~400円ぐらいと少し割高ではありますが、この美味しさを知らないのは勿体ないと言われるぐらいのトウモロコシですよ!

「嶽きみ」の美味しい食べ方は?

トウモロコシ
▲ラップに包んでみよう♪

甘みの多い「嶽きみ」は生で食べても美味しいのですが、甘みが一段と増す簡単な方法はレンチンです!
薄皮を1枚残して、軽く塩をまぶしてラップで包んで約4分~5分(500wで1本)チンするだけ。
たったこれだけで、おいしい “きみ” の出来上がりです。

お子さんのおやつにもオススメ!


数年前に友人からお裾分けしてもらって食べた時の感動が忘れられず、翌年から毎年購入していて、この時期になると「嶽きみ」が待ち遠しくなります。

ぜひ皆さんも味わってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました