旅行記

【ブータン】ブータン王国を知ろう!

ブータン王国は、インドと中国に挟まれ、中国との国境はヒマラヤ山脈の上を通っているところが多く、国境線が確定していない部分もあり、いまでも国境画定交渉が進められています。
旅行記

【インド】グジャラート ラーニーキヴァーヴ(王妃の階段井戸)は、美しい彫刻がたくさんあります。

2014年6月に世界遺産に登録されたラーニーキヴァーヴ(王妃の階段井戸)は、1050年に造られたグジャラート州最古のものです。アダラジの階段井戸と並び、グジャラート州で最高傑作のひとつに数えられています。
旅行記

【インド】グジャラートで出会った少数民族たち

インドのグジャラート州は、さまざまな少数民族がいることで有名な地域です。ここでは、グジャラートで出会った少数民族たちを紹介します。
旅行記

【インド】グジャラートで見られた景色をご紹介します。

インドのグジャラートでは、いろいろと変わった景色をご覧いただけます。なかなかカテゴリーで分けられない写真をまとめてみました。
旅行記

【インド】ロータル遺跡(LHOTAL)へ

4,500年前に築かれたインダス文明の遺跡で、かつては貿易港としての役割を果たしていました。パキスタンのインダス川流域にあるモヘンジョダロやハラッパと深いかかわりがあったようです。
旅行記

【インド】ドーラビーラ遺跡(DHOLAVIRA)への道のり

大カッチ湿原を移動していると、どこまでも続く真っ白な塩原の中に浮かぶカディール島が見えてきます。 このカディール島には、いまから5000年も前にさかのぼる高度な文明の跡が残っています。これこそがドーラビーラ遺跡です。
旅行記

【インド】グジャラート地方の少数民族が昔ながらの伝統、生活の知恵を今に残す工房

インダスの時代より生活に溶け込んでいた技術、ダブルイカット(パトラ織り)やアズラック染め、陶器などは、いまなお伝えられ、手工芸を営み、いまでも工房があります。グジャラートの少数民族に伝えられる手工芸をご紹介します。
旅行記

【インド】グジャラート州はこんな場所

インド西部に位置するグジャラート州は、インドのデリー、ムンバイ、バンガロールといった都市名などと比べると、ちょっと耳慣れない場所かもしれません。
旅行記

【マレーシア】世界最大の花・ラフレシアを探す!

ラフレシアは、ボルネオ島やスマトラ島などの東南アジアの島嶼やマレー半島に分布するラフレシア科ラフレシア属の全寄生植物で、世界最大の花として知られています。
旅行記

【ボルネオ島】コタキナバルで北ボルネオ鉄道に乗ってきました!(後編)

タンジュンアル駅を出発し、約40分後、途中下車するキナルート駅に到着...
旅行記

【ボルネオ島】コタキナバルでラフレシアに出会った!

コタキナバル5連泊滞在の旅にて、幻の花ラフレシアを見ることができました。
旅行記

【ボルネオ島】コタキナバルで北ボルネオ鉄道に乗ってきました(前編)

コタキナバル空港近くのタンジュンアル駅~パパール駅まで片道38.5kmの列車の旅を体験しました。
タイトルとURLをコピーしました