ボルネオ島 ラフレシア

▲ラフレシア(開花3日目or4日目)

ラフレシアは、ボルネオ島やスマトラ島などの東南アジアの島やマレー半島に分布するラフレシア科ラフレシア属の全寄生植物で、世界最大の花として知られています。

多肉質の大形の花をつけるものが多く、大きなものは花の直径が90cm~1mにも達します。

花を咲かせるまでには非常に時間がかかり、つぼみに成長するまで早くて9か月、長いものは3年の歳月が必要と言われています。

また、地上に出たつぼみは徐々に膨らみ、開花まで約1ヶ月もかかります。

ところが咲いている期間は1週間程度と大変短く、咲かずに枯れてしまうつぼみもあります。

そのため、咲いているラフレシアに出会うことは、非常に幸運なことなのです。

ボルネオ島 ラフレシア
▲ラフレシア(開花2日目)

ボルネオ島 ラフレシア
▲ラフレシア(開花3日目とつぼみ)

ボルネオ島 ラフレシア
▲ラフレシア(開花3日目)

ボルネオ島 ラフレシア
▲ラフレシア(開花5日目)

そうしたわけで、いきなりジャングルに分け入って、先ごろのラフレシアに出会う確率はほとんどありませんが、ツアーでは国立公園のレンジャーとガイドが連絡を取り、タイミングや場所の見当をつけてご案内します。

レンジャーは国立公園に常駐しており、他の観光客を案内したレンジャーと常に情報を交換しているため、国立公園の敷地内にあるものなら、まず見落とすことはないそうです。

そうはいっても熱帯のジャングルを歩くのは少し疲れますが、せっかくの世界一の花を見る機を逃さず、ご一緒に頑張ってみましょう!

マレーシアの記事をもっと見る

添乗日記 観光名所のご案内 募集中のツアー
添乗員の日記へ 観光名所のご案内 募集中のツアーへ