マリオットが道の駅に隣接するホテルをオープン!10軒目は京都みなみやましろ

京都みなみやましろ ツルギの茶畑
▲日本遺産に登録される美しいツルギの茶畑

昨年の2020年より、大手ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが積水ハウスとタッグを組み、道の駅に併設型のホテルを続々とオープンしています。

10軒目は、3月12日に京都府の南山城村にオープンしましたので、今分かっていることをご紹介します!

マリオットが道の駅にオープンしたホテルのコンセプト

「日本をもっと楽しむ旅へ」

地元での食事や観光、アクティビティなどをそれぞれが自由に楽しむことができるように、道の駅に隣接してオープンしました。

地元での消費を生み、地域の活性化を目的に建てられた地元密着型のホテルなんです。

ホテル内にはレストランはなく、室内はシャワーのみでバスタブはないというスタイル。

その分、道の駅でご当地グルメをテイクアウトできるよう、ホテル内には飲食のできる共有スペースや、電子レンジ、トースター、冷蔵庫なども備えてあります。

フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ 共有スペース
▲フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ 共有スペース

地元の食材を買ってきて、簡単な調理くらいならできますよ。
もちろん、地元レストランを巡って自由に郷土料理を楽しんでいただけます。

シンプルな宿泊施設なので、料金も1室10,000円~15,000円とリーズナブル!

これなら、地元のおいしい郷土料理やお土産、そこでしか体験できないことを思う存分楽しむことができますね。

尚、お部屋はどのホテルも同じようなスタイルになっているようですので、以前の記事をご参照ください。

*マリオットホテルの会員の方に適用されるサービスもあるので、HPなどでご確認ください。

「フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ」

フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ 外観
▲フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ 外観

京都府の南山城村にある道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」に隣接してオープンしたのが、「フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ」。

南山城村はお茶どころといわれ、京都唯一の村なんです。
京都では、京丹波、宮津に続いて3軒目となります。

のどかな場所ですが、JR関西本線の月ヶ瀬口駅から徒歩で約10分、お車なら、京奈和自動車道の木津インターチェンジから約25kmと、アクセスはいいんですよ!

フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ ツイン
▲フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ 室内

客室は全50室。

茶畑が広がる雄大な景観と、歴史ある社寺巡りや木津川沿いの自然が生み出す造形美など、豊かな自然に囲まれて、日常から解放されるホテルステイを満喫していただけます。

宿・ホテル予約 - 旅行ならじゃらんnet
宿・ホテル予約ならじゃらんnet。当日予約や今だけのじゃらん限定プランも。航空券や新幹線と宿泊のセットでさらにお得に。リッチな温泉旅館から便利なビジネスホテルまで目的に合わせて簡単検索。豊富な観光情報と口コミであなたの旅行をサポートします。
るるぶトラベルで宿・ホテル・旅館の宿泊予約、国内旅行予約
宿・ホテル予約ならるるぶトラベル。当日予約や今だけのるるぶトラベル限定プランも。航空券やレンタカーと宿泊のセットでさらにお得に。温泉旅館からビジネスホテルまで目的に合わせて簡単検索。

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」
道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」(HPより)

京都で唯一の村である南山城村は宇治茶の名産地として知られており、道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」は広大な茶畑と山々に囲まれた場所にあります。

この土地で産まれたものを「土の産(つちのうぶ)」と銘打ち、自然の恵みと村人の知恵によって作られたさまざまなものを取り扱っています。

村の特産品である香り高い宇治茶のドリンクやスイーツをはじめ、山あいの村で育った野菜や原木しいたけなど、南山城村の新鮮食材を味わえますよ!

施設内でメインとなる「のもん市場」では、村茶をふんだんに使用した“むらちゃパウンドケーキ“むらちゃプリン”などのオリジナル商品がズラリと並び、毎日手作りしています。

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」 茶スイーツ1
▲(左)むらちゃパウンドケーキと、(右)むらちゃプリン(道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」HPより)

オリジナル商品の中で特におすすめなのが、「村茶屋」で提供されている村抹茶ソフトクリーム。
春摘みの抹茶を贅沢に使用した濃厚な味わいで、西日本道の駅ひんやりスイーツ総選挙で2019年に1位になったそうです!

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」 茶スイーツ2
▲(左)村抹茶ソフトクリームと、(右)茶たれ~だんご(道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」HPより)

「村風土食堂つちのうぶ」では、ランチメニューとして、上質な春摘みの抹茶をふんだんに使った茶そばや、茶農場のまかない煮豚丼・定食・特製カレーなど、南山城ならではのグルメを味わえます。
村茶とスイーツを楽しめるカフェメニューもありますよ。

さらに、「村の朝ごはん」と題してモーニングも始まりました。
茶どころならではの茶粥御膳、ほうじ茶で炊いたご飯に伊賀産の卵の出し巻きや焼き魚などの和食、カレーやトーストなどのメニューが揃っています。

お茶づくしのオリジナルメニューは、ぜひ味わってみたいですね!

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」 茶粥御前
▲「村の朝ごはん」茶粥御前(道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」HPより)

また、南山城村は季節ごとにさまざまな見どころがあります。

夢絃峡むげんきょう】(弓ヶ淵)
木津川と名張川が合流する渓谷。
その昔、剣術修行中の大和国司の絃之丞と、恋仲となった郷士の娘・夢姫が、父の許しを得られないために川に身を投げたという伝説から名付けられました。
下流には柳生十兵衛が死を遂げたといわれる弓ヶ淵があります。

京都みなみやましろ 夢絃峡
▲悲しい伝説が残されている夢絃峡(南山城村観光サイトより)

【恋路橋・恋志谷こいしだに神社】
「恋志谷神社」は後醍醐天皇の龍妃が祀られており、安産や婦人病など女性の守り神として信仰されています。

また、縁結びや恋愛成就を願う女性のパワースポットとしても知られ、境内でハートの石を見つけると願いが叶うといわれています。
木津川にかかる「恋路橋」を歩いて渡り、素敵な恋を成就させてください!

京都みなみやましろ 恋志谷神社
▲安産・恋愛成就・縁結びなどパワースポットの恋志谷神社(南山城村観光サイトより)

【高山ダム展望台】
全国でも珍しいアーチ重力式ダム。
昭和28年にこの地域に壮絶な台風の被害を受けたことから、高山ダムが建設されました。
重厚感のあるコンクリートのアーチが美しく、展望台からは、桜・つつじ・紅葉など四季折々の景色を楽しめます。

京都みなみやましろ 高山ダム
▲重厚感のあるアーチが特徴の高山ダム(南山城村観光サイトより)

【月ヶ瀬湖】
高山ダムによってできた湖で、春は桜、秋は紅葉など、季節ごとに美しい風景を見せてくれます。
近くには自然歩道やサイクリングルートがあり、自然の中でリフレッシュすることができます。

京都みなみやましろ 月ヶ瀬湖
▲一年中、さまざまな美しい景色を見せてくれる月ヶ瀬湖(南山城村観光サイトより)

【田山 ツルギの茶畑】
茶のうねが斜面を駆け上がるように配置された特徴的な茶畑で、日本遺産にも登録されています。
綺麗に整った畝が広がり、南山城村の茶畑を代表する風景といえます。

京都みなみやましろ ツルギの茶畑
▲日本遺産に登録される美しいツルギの茶畑(南山城村観光サイトより)

【東海自然歩道】
東京の高尾国定公園と大阪の箕輪国定公園を結ぶ自然歩道で、延長約1,698kmにおよびます。
豊かな自然や多くの文化財に触れることができ、歩道の一部はJR関西本線が沿っているので、目の前を列車が通過していきます。
木津川の渓谷と鉄道の景観を眺められる、おすすめのハイキングスポットです。

京都みなみやましろ 東海自然歩道
▲豊かな自然と文化財に触れられるハイキングスポット 東海自然歩道(南山城村観光サイトより)

【六所神社】
江戸中期に創建された本殿や、本殿を保護するための覆屋おおいやは、山城地方では稀な形式を持つもので、京都府の有形文化財に登録されています。

また、境内の周囲には美しい杉木立が並び、京都府文化財環境保全地区に指定されています。
自然と建物が渾然一体となっていて、古くから地域の人々の信仰と自然への深い愛情で守られてきました。

京都みなみやましろ 六所神社
▲自然に囲まれた京都の有形文化財 六所神社(南山城村観光サイトより)

●道の駅の営業時間
のもん市場:9:00~18:00
つちのうぶ:7:30~15:30
村茶屋:9:30~17:00

●道の駅アクセス情報
【お車で】 国道163号線 伊賀上野から約20分
【電車で】 JR関西本線の月ヶ瀬口駅から徒歩で約13分
*駅から相楽東部広域バスもでています。(約3分)

●駐車場:普通車76台、大型車15台、身障者専用2台
*第二駐車場は普通車40台

あなただけのプランで日本を知る旅を楽しみましょう!

3月は三重県のおおだい、栃木県の日光にもすでにオープンしました。

さらに、今後は奈良県、和歌山県、岐阜県などに、2025年までに25道府県で展開する予定になっています。

気軽に旅ができるようになったら、知らなかった日本に触れる旅を満喫してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました