ツアーのポイント

京都から周山街道で小浜へ抜け、小浜観光後、若狭街道で京都へ戻ります!

若狭湾に面し、海の幸に恵まれた若狭小浜は、中国大陸や朝鮮半島、そして京の都と深くつながる文化都市でした。
奈良時代以前から、天皇家に「御贄(みにえ)」を送る「御食国(みけつくに)」として都の食文化を支え、今でも130もの寺院を残す若狭市は、文化庁が創設した日本遺産第1号として「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 ~御食国若狭と鯖街道~」の認定を受けました。

平安時代には海上交通の要地となり、海を隔てて向き合う大陸や朝鮮半島、そして日本各地からも、多くの文化や品物・人が流入し、近年は“鯖街道”と呼ばれる道によって都に新鮮な海産物が送られ、京都からは最新の文化が伝わり、若狭小浜に繁栄をもたらしました。

「文化財の宝庫」とも呼ばれ、小浜市を含む都につながる街道沿いには、平安時代の仏像や鎌倉時代の寺院が数多く残り、平安貴族が深く帰依した天台宗、真言宗といった密教的な信仰との関係を示す「十一面観音像」、「千手観音像」などの仏像が残されていることから、都との深いつながりが伺えます。
また、小浜にある明通寺の伽藍は鎌倉時代に建てられたもので、本堂と三重塔が国宝に指定されています。

室町時代初期の1408年には、将軍足利義満への贈り物として象やダチョウなど、珍しい動物を積んだ“南蛮船”が入港し、初めて「象」が日本に上陸した町でもあります。
戦国時代から江戸時代にかけ、小浜の領主はたびたび変わりましたが、徳川三代将軍家光の代から幕末まで、城下町小浜は若狭の中心都市として栄えました。
大陸や都との交流でもたらされた寺院や神社・仏像・お祭りなどの伝統行事、往来の歴史のなかで育まれた独自の食文化など、多彩で密度の濃い文化遺産が大切に伝えられている”御食国 若狭おばま”は、1500年ものさまざまな歴史と文化に彩られ、今なお人々を魅了してやみません。

海のある奈良とも呼ばれる『小浜』

小浜はヤマト王権の日本海側上陸地として栄えて、奈良時代からの文化財も多く残るため、「海のある奈良」という異名を持っています。
3月、二月堂でおこなわれる「お水取り」の水は遠敷(おにゅう)川・鵜之瀬から送られるといわれます。
また伊勢志摩や淡路島とならんで海産物を奈良や京都まで送った御食国(みつけくに)のひとつといわれます。

明通寺 (真言宗御室派)

日本海側随一を誇る国宝・三重塔はあまりにも有名で、坂上田村麻呂公が創建したこの寺の本堂に安置された木造深沙大将立像(重文)など、諸仏像は圧巻です。苔むす岩の根を澄んだ水が洗う情趣は、忘れ難いものがあります。

羽賀寺 (高野山真言宗)

鳳凰が飛来し、この地に羽根を落としたという典雅な伝説が寺名の由来。
霊亀2年(716)に、女帝・元正天皇の勅命により行基が創建したと伝えられています。

数ある寺宝の中でも平安初期の木造十一面観音菩薩立像(国指定重要文化財)は必見。元正天皇の御影といわれ、その尊顔は心のやすらぎを覚える柔和さです。

妙楽寺 (高野山真言宗)

霊峰・多田ケ岳の麓、桜並木の参道より山門をくぐり、境内の静寂はしばし世俗を離れさせてくれます。
若狭における最古の建造物である本堂は、寄棟造り檜皮葺で、安置されている木造千手観音菩薩立像の表情には安らぎを覚えます。

蘇洞門(そとも)

蘇洞門と呼ばれる大門と小門をはじめ、コウモリ穴、かくし水、地獄門、網掛岩、ライオン岩、夫婦亀岩、白糸の滝、千畳敷など約6kmにわたりダイナミックな自然の造形美を楽しめます。

 

 

スケジュール

第1日目(京都・13:00発→小浜→三方)

13:00までに、京都駅に集まり、専用車にて出発。
周山街道を北上し、小浜へ向かいます。
※昼食はご用意しておりません。
途中、国宝の薬師如来像をはじめ平安、鎌倉時代の仏像、絵画などが多く残る神護寺を参拝します。
引き続き、専用車にて小浜へ。
夕刻、ホテル着。
食事:× × 夕/三方:若狭みかた きらら温泉 水月花泊

 

第2日目(三方滞在/小浜)

朝食後、天気に恵まれれば、レインボーラインを利用して、三方五湖を一度に観ることが出来る絶景ポイント・山頂公園へ。
その後、専用車にて専用バスにて小浜へ。
小浜着後、鯖街道の起点・小浜市場(市の塔)いづみ町、御食国若狭おばま食文化館、遊覧船にて蘇洞門遊覧をお楽しみください。(約50分)
また、明通寺、羽賀寺、妙楽寺、神宮寺、多田寺の参拝をお楽しみいただき、ホテルへ戻ります。
※蘇洞門遊覧は天候によりコース変更や欠航となる場合がございます。
食事:朝 昼 夕/三方:若狭みかた きらら温泉 水月花泊

 

第3日目(三方→熊川宿→比叡山→京都)

朝食後、専用車にて熊川宿へ。(所要時間:30分)
着後、若狭鯖街道の熊川宿にて、国選定重要伝統的建造物群保存地区の散策などを楽しみます。
その後、専用車にて比叡山へ。
昼食後、比叡山延暦寺(東塔、西塔、横川地区、宝物殿)を参拝します。
参拝後、京都駅又はホテルへ。
京都駅又はホテル到着後、原則として解散となります。
※夕食及び宿泊を希望されない場合はお一人様に付き、14,000円をご返金いたします。
食事:朝 昼 夕/京都・都ホテル 京都八条泊

 

 第4日目(京都)

ホテルにて朝食後、ご自由にお過ごしください。
ホテルチェックアウトは11:00となります。
食事:朝 × ×/~大変お疲れ様でした~

 

 

出発日、帰着日と旅行代金

2019年12月9日(月)発~12月12日(木)帰り
旅行代金:155,000円
お一人様部屋利用代金:24,000円
※第3日目、京都にて夕食及び宿泊を希望されない場合、ご旅行代金から14,000円を差し引かせていただきます。
なお、お一人様部屋利用の方はさらに6,000円を差し引かせていただきます。

 

 

ご旅行条件

□食事:朝3回、昼2回、夕3回
□発着地:京都駅
□添乗員:京都より同行します。
□最少催行人員:6名【最大募集:16名様限定】

 

ご旅行代金に含まれないもの

◎任意国内旅行傷害保険料及び日本国内の交通費や宿泊代等個人的な性質のもの
◎ご自宅と空港やホテルなどとの託送荷物代

 

ご相談・お問い合わせ

 

⇒募集中のツアーに戻る