ツアーのポイント

知られざる秘境の地へ!

キルギスは天山山脈の中腹にある国語の90%以上が山に囲まれた山岳国家です。天山山脈最高峰のポベーダ(7,439m)やハンテングリ(7,010m)などの世界的高峰群が広がります。
「天山の真珠」といわれるイシク・クル湖(世界第2位の透明度を誇る)では夏でも万年雪を被った山々を見渡せ、楽しむことができます。紺碧の湖と万年雪を頂く白銀の山々の展望は他では見られない風景です。また、高山特有の動植物に恵まれ、高山植物も豊富に見られます。
また、このツアーではキルギスの文化・鷹狩体験、天山山脈山麓の散策、文化交流を通して遊牧民生活を肌で感じてもらうツアーです。
なお、仏教史的に重要な玄奘三蔵(三蔵法師)がたどったシルクロードの道のりも辿ります。

 

世界第二位の透明度、天山の真珠・蒼きイシク・クル湖

琵琶湖の9倍もの広大な面積のこの湖は、キルギス語の《イシク(熱い)・クル(湖)》から由来します。
塩分を含むためマイナス20℃を超えるキルギスの厳しい冬でも凍りません
遠い昔、玄奨三蔵の記した書物「西遊記」にも「熱海」と 記されていました。
ソ連時代は、外国人の立ち入りが禁止されていて、幻の湖と呼ばれていました。
湖底にも遺跡が沈んでいて、昔から多くの伝説があります。
海のように波もなく、水は青く透き通っています。その透明度は、バイカル湖に次いで世界第二とか。

 

シルクロード世界遺産

2014年、キルギス、カザフスタン、中国の計33件の遺跡が「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」として世界遺産に登録され
ました。キルギスのトクモク近郊にあるバラサグン(ブラナの塔)とアク・ベシムもその中に含まれています。

ブラナの塔

草原の真ん中にたたずむブラナの塔は、レンガ造りで11世紀初めに造られました。元々45mあった塔は地震で崩壊し、今では24mの高さまで残っています。また、塔のそばにはキルギス全土から集められたバルバル(石人)が立ち並んでいます。

アク・ベシム遺跡

6世紀にソグド人によってつくられたこの町は、交易路の交わる場所にあり、東西交流の中心的な役割を果たしていました。仏教寺院の遺跡や城壁が残されています。玄奘三蔵はそのインドまでの旅の途中、イシク・クル湖を通って、唐代には破葉城(スイアブ)と呼ばれたこの地を訪れた際の様子を「大唐西域記」に記しています。また詩人・李白がこの地で生まれたとの説もあります。

イシク・クル湖東岸の街・カラコル!

1869年に帝政ロシア軍の砦が築かれて以降、帝国各地からの移民が入植し地域最大の都市へと発展しました。中心部にある教会や至聖三者聖堂、ロシア風の町並みは帝国各地からの移民入植の歴史を象徴しています。ドンガンモスクもまた、清朝の弾圧を逃れたドンガン人移民の手によるものです。
街の中心はクムテョルデパートの周辺で、北東から南西に延びるトクトグル通りも活気があります。

チョンケミン

キルギスの首都ビシュケクとイシク・クル湖との間にあり、別名「キルギスのスイス」と呼ばれ、四方を山に囲まれたのどかな村です。

 

 

スケジュール

第1日目(成田空港/13:20発→ソウル/15:50着・18:20発→アルマトイ21:55着)

航空機にてソウル経由、カザフスタン最大の都市・アルマトイへ。
アルマトイ着後、ホテルへ。
食事:× × 機/アルマトイ:オトラル又は同等クラス泊

 

第2日目(アルマトイ滞在)

朝食後、カザフスタン旧首都・アルマトゥイの観光。
パンフィロフ公園、日本伝統建築同様に釘を一切使わない世界でもユニークな木造建築・ゼンコフ大聖堂、国立楽器博物館、グリーンバザール、カザフスタンの歴史の全体像を把握出来る国立中央博物館、共和国広場、アルマトゥイの町をパノラマで眺望できるキョクチューブヒルを見学します。
食事:朝 昼 夕/アルマトイ:オトラル又は同等クラス泊

 

第3日目(アルマトイ→カラコル)

朝食後、専用バスにてカザフスタンから国境を越え、キルギスへ。(約360㎞)
途中の大草原、万年雪山、城の谷と呼ばれるチャリン渓谷などの素晴らしい景色をご堪能いただきながらの移動となります。
食事:朝 昼 夕/
カラコル:グリーンヤード又は同等クラス泊

 

第4日目(カラコル滞在)

朝食後、イシク・クル湖畔やカラコルの街を散策し、世界的に有名な探検家・プルジェワリスキー博物館及び記念碑、ドンガンモスク、ホリー・トリニティ教会、バザールなどへご案内いたします。
食事:朝 昼 夕/カラコル:グリーンヤード又は同等クラス泊

 

第5日目(カラコル→ジェティ・オグス渓谷)

朝食後、専用バスにてジェディ・オグス渓谷へ。(約40㎞)
針葉樹林や高山草原が広がり、滝や温泉、奇岩があり、キルギスで最も風光明媚と言われるジェディ・オグス渓谷のハイキングや遊牧民のユルタ訪問、馬乳酒の試飲、キルギスの鷹匠による鷹狩見学などをお楽しみください。
※ご希望者は、乗馬体験も可能です。
また、本日の宿泊はキルギス伝統のユルタに宿泊です。
食事:朝 昼 夕/ジェディ・オグス渓谷:ユルタキャンプ泊

 

第6日目(ジェティ・オグス渓谷→チョンケミン)

朝食後、専用バスにてチョンケミンへ。(約294㎞)
本日は天山山脈に囲まれた美しいイシク・クル湖の南湖畔を廻ります。
途中、岩に刻まれた仏教の碑銘があるタムガ渓谷、杏の産地・アク・テレッキ村などへご案内いたします。
食事:朝 昼 夕/チョンケミン:アシュゲストハウス又は同等
クラス泊

 

第7日目(チョンケミン→トクモク→ビシュケク)

朝食後、出発までゆっくりとお過ごしください。チョンケミンの景観をお楽しみください。
専用車にてキルギスの首都・ビシュケクへ。(約150㎞)
途中、古代バラサグンの町にある世界遺産ブラナの塔、屋外博物館の霊廟や5、6世紀に栄えたシュヤッブの町、世界遺産アク・ベシム遺跡を見学します。
着後、夕食をとり、ホテルへ。
食事:朝 昼 夕/ビシュケク:プラザ又は同等クラス泊

 

第8日目(ビシュケク→アルマトイ/23:10発→)

朝食後、ゆっくり出発。
ビシュケクの観光。中央広場、中央歴史博物館、戦勝記念広場のユルタを象徴する石碑を見学します。

専用バスにて、再び国境を越えてカザフスタン・アルマトゥイ空港へ。(約250㎞)
夕食後、航空機にて、ソウル(仁川)へ。
食事:朝 昼 夕/機中泊

 

第9日目(ソウル/07:30発・09:00発→成田空港/11:20着)

朝、ソウル着後、航空機を乗り継ぎ、帰国の途へ。
成田着後、入国審査。その後、解散となります。

~大変お疲れ様でした~

 

 

出発日、帰国日と旅行代金

2019年6月20日(木)発~ 6月28日(金)帰国
2019年7月18日(木)発~ 7月26日(金)帰国
旅行代金:388,000円 お一人様部屋利用代金:42,000円
※旅行代金は、燃油サーチャージ、海外空港税、日本国内空港使用料、国際観光旅客税等の諸費用を含んだ総額表示です。燃油サーチャージの追加徴収、返金はございません。
※ビジネスクラスご希望の場合はお早めに別途お問い合わせください。

 

ご旅行条件

□食事:朝7回、昼7回、夕7回
□発着地:成田空港
□添乗員:成田空港より同行します
□利用予定航空会社:アシアナ航空
□最少催行人員:6名【最大募集13名】

 

ご旅行代金に含まれないもの

◎任意海外旅行傷害保険料及び日本国内の交通費及び宿泊代等個人的な性質のもの

 

ご注意

※カザフスタン、キルギスともに査証は不要ですが、帰国時に有効期間が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です。

 

ご相談・お問い合わせ

⇒募集中のツアーに戻る