ツアーのポイント

【世界文化遺産】ブルカン・カルドゥン山

ブルカン・カルドゥンとその周辺の神聖な景観は2015年に世界文化遺産に登録されました。
このブルカン・カルドゥンは、モンゴル族発祥の聖地であると同時に、チンギスハーンの故郷・墓所であると言われています。

★鶴祭り(Crane Festival)

東モンゴルのヘンティ県ビンデル村では、毎年6月13日に鶴祭りが開催されます。
6種類の鶴が村周辺の湖沼に数千羽で集まるため、村人のアイデアから始まったお祭りです。
モンゴル族最大の祭り・ナーダムよりちょっと小さな規模で開催されるモンゴル相撲や競馬、民族舞踊コンサートなども楽しめる地方の一大イベントになっています。

 

 

スケジュール

 第1日目(成田空港/14:40発→ウランバートル/19:15着)

午後、MIATモンゴル航空502便にて、モンゴルの首都・ウランバートルへ。
着後、専用車にて、ホテルへ。
食事:× × 機/ウランバートル:フラワーホテル又は同等
クラス泊

 

第2日目(ウランバートル→ヘンティ)

朝食後、四輪駆動車に分乗してバガノールへ。(135㎞)
着後、バガノールのグンガルータイ保護地にて、アルガリや白鳥を鑑賞します。
ヘンティ県のビンデル村へ。(265㎞)
途中、野花や草原、馬の群れ、野生の鶴など、風景を楽しみながらの移動となります。
食事:朝 昼 夕/ビンデル:ツーリストキャンプ泊

 

第3日目(ヘンティ滞在)

朝食後、ビンデル村周辺の観光。
午前、村近くの湖沼でのバードウォッチングやオノン川、モンゴルでは珍しい松林の回廊散策などへご案内いたします。
午後、ミニナーダム祭と言える「鶴祭り」をお楽しみください
食事:朝 昼 夕/ビンデル:ツーリストキャンプ泊

 

第4日目(ヘンティ→チンギス)

朝食後、ブリヤード族の民家訪問へご案内いたします。
昼食後、四輪駆動車に分乗して、チンギス市へ。(180㎞)
途中、草原の景色をお楽しみください。
食事:朝 昼 夕/チンギス:テムジン又は同等
クラス泊

 

第5日目(チンギス→テレルジ)

朝食後、四輪駆動車に分乗して、テレルジへ。(205㎞)
途中、チンギスハーン騎馬像などを観光します。
食事:朝 昼 夕/テレルジ:ツーリストキャンプ泊

 

第6日目(テレルジ→ウランバートル)

朝食後、テレルジ観光。
アリヤバル寺院、亀岩、遊牧民のゲル訪問などへご案内いたします。
四輪駆動車に分乗して、ウランバートルへ。(60㎞)
着後、ウランバートル市内観光。
スフバートル広場、ショッピング、民族舞踊団コンサートなどをお楽しみください。
夕食は市内レストランにて。
食事:朝 昼 夕/フラワーホテル又は同等クラス泊

 

第7日目(ウランバートル/07:45発→成田空港/13:40着)

朝、MIATモンゴル航空501便にて帰国の途へ。
成田空港着後、入国審査後、解散
となります。
食事:朝 機 ×/~お疲れ様でした~

 

 

出発日、帰国日と旅行代金

2019年6月11日(火)発~6月17日(月)帰国
旅行代金:368,000円  お一人様部屋利用追加代金:36,000円(ツーリストキャンプ含む)
※相部屋希望も承りますが、ご希望に添えない場合、追加代金が必要です。
※当ツアーで利用する四輪駆動車は、日本車(ランドクルーザー)となります。
※旅行代金は、燃油サーチャージ、海外空港税、日本国内空港使用料、国際観光旅客税等の諸費用を含んだ総額表示です。燃油サーチャージの追加徴収、返金はございません。
※関空、名古屋、福岡、札幌発着の方は応相談。

 

ご旅行条件

□食事:朝6回、昼5回、夕5回
□発着地:成田空港
□添乗員:成田空港より同行します
□利用予定航空会社:MIATモンゴル航空
□最少催行人員:6名様~最大10名様まで

 

ご旅行代金に含まれないもの

◎任意海外旅行傷害保険料及び日本国内の交通費及び宿泊代等個人的な性質のもの

 

ご注意

※パスポート残存有効期間6ヶ月以上が必要です。
※現地状況に応じて、日程が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※宿泊施設に限りがあるため、設備が十分に整っていない宿が基本です。なお、バスタブはなく、シャワーのみとなり、お湯の出が悪いなど、皆様にご不便をおかけすることもありますが、辺境の地であることをご理解のうえ、お申込み、ご参加ください。

ご相談・お問い合わせ

⇒募集中のツアーに戻る