▲安岳・毘盧洞(紫竹観音像)


▲大足・宝頂山石刻(千手観音像)

 

ツアーのポイント

独創性がある・安岳石刻

安岳石刻は、521年前後の南北朝に始まり、盛唐、五代、宋に開削されました。
世界遺産・大足石刻に比較的近いわりにあまり紹介されていませんが、きれいな状態で保存されており、中国古代石刻芸術の宝庫とも呼ばれます。
それは安岳石刻芸術が最盛期の作品で、高い彫刻芸術の価値を持ち、安岳特有の創意にも表わされています。
特に紫竹観音像は造形美観、芸術性が高く、安岳石刻の傑作だと言われます。

大足石刻は規模が大きく、素晴らしいのですが、安岳石刻は小さいわりに一つ一つの作品に独創性があって、素晴らしいと評判です。

世界遺産・峨眉山と楽山

成都西南部に聳える峨眉山は、古来、道教や仏教の聖地とされ、中国三大霊山や中国四大仏教名山に数えられてきました。
その峨眉山から数十km離れた長江の支流(岷江、大渡河、青衣江)の合流点には世界最大の磨崖仏である楽山大仏が鎮座し、あわせて世界遺産の複合遺産に登録されています。

 

 

スケジュール

 第1日目(成田/17:25発→成都/22:20着)

夕刻、全日空947便にて、空路・四川省・成都へ。
 【フライト時間:5時間55分、時差:マイナス1時間】
成都着後、入国審査。
その後、専用車にてホテルへ。

食事:× × 機/成都:西蔵飯店又は同等クラス泊

 

第2日目(成都→安岳→大足)

朝食後、専用車にて安岳へ。(200㎞)
昼食後、世界遺産である大足石刻に劣らない芸術的な安岳石刻へご案内いたします。
安岳では、五代十国、唐、宋代の石刻で保存状態のよい毘盧洞(紫竹観音像)、円覚洞(西方三聖像)、臥仏院などへご案内いたします。
特に紫竹観音像は造形美観、芸術性が高く、安岳石刻の傑作と呼ばれており、必見です。

見学後、専用バスにて大足へ。(40km)
食事:朝 昼 夕/大足:ラマダプラザ又は同等クラス泊

 

第3日目(大足→峨眉山)

朝食後、中国古代仏教石刻芸術晩期のもので、保存状況がいい世界遺産大足石刻の宝頂山石刻を見学します。
見学後、専用バスにて峨眉山へ。
食事:朝 昼 夕/峨眉山麓:華生酒店(銀座楼)又は同等クラス泊

 

第4日目(峨眉山滞在)

朝食後、混載エコバスとロープウェイを乗り継ぎ、世界遺産峨眉山観光へ。
着後、普賢菩薩金像や金頂などへご案内します。
食事:朝 昼 夕/峨眉山麓:華生酒店(銀座楼)又は同等クラス泊

 

第5日目(峨眉山→楽山→成都)

朝食後、 専用バスにて楽山へ。(45分)
楽山着後、90年の歳月をかけて完成した高さ71m、世界最大級の世界遺産楽山大仏を見学します。
その後、遊覧船から楽山大仏の全景をご覧いただきます。(40分)
昼食後、専用車にて成都へ。(145㎞)
成都着後、夕食をとり、ホテルへ。
食事:朝 昼 夕/西蔵飯店又は同等クラス泊

 

第6日目(成都/09:00発→成田/15:25着)

午前、全日空948便にて、空路・帰国の途へ。
【フライト時間:5時間20分、時差:プラス1時間】
午後、成田着後、入国審査後、解散。
食事:朝 機 ×/~大変お疲れ様でした~

 

 

出発日、帰国日と旅行代金

2019年5月8日(水)発~5月13日(月)帰国
ご旅行代金:218,000円
お一人様部屋追加代金:30,000円

※旅行代金は、燃油サーチャージ、海外空港税、日本国内空港使用料、国際観光旅客税等の諸費用を含んだ総額表示です。燃油サーチャージの追加徴収、返金はございません。

 

ご旅行条件

□食事:朝5回、昼4回、夕4回
□発着地:成田空港
□添乗員:成田空港より同行します。
□利用予定航空会社:全日空
□最少催行人員:8名【最大募集:16名様限定】

 

ご旅行代金に含まれないもの

◎任意海外旅行傷害保険料及び日本国内の交通費及び宿泊代等個人的な性質のもの

 

ご注意

※査証は不要ですが、パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上必要です。

 

ご相談・お問い合わせ

⇒募集中のツアーに戻る