西オーストラリア ワイルドフラワー リースフラワー
▲リース・フラワー

西オーストラリア ワイルドフラワー ピエロ・オーキッド
▲ピエロ・オーキッド

西オーストラリア ワイルドフラワー シバの女王
▲シバの女王

ツアーのポイント

■西オーストラリア州に咲く花の数は1万2千種と言われ、うち約8割が固有種です。
7月中旬、北部から咲き始め、南下しながら11月中旬までワイルドフラワーを楽しめます。
最盛期の9月は春を迎え、一番多くの種類を楽しむことができます。
カンガルーの前足に似たカンガルー・ポーや松ぼっくりのようなバンクシア、ボトルを洗うブラシに似たボトルブラシ、南十字星の形をしたサザン・クロス、
そして、エバーラスティング、クレマティス、ワックスフラワー、オーキッド等、紹介しきれないほどのワイルドフラワーを目にすることができます。

スケジュール

都市名 時刻など                      日 程 内 容            お荷物無料託送サービス 
成田空港

パース

09:15発

13:10/14:50

22:35着

航空機にてアジア都市経由、パースへ。

航空機を乗り継ぎます。

着後、ホテルへ。

食事:× × 機/パース泊

パース

ジェラルトン

(約420㎞)

08:00

18:00

朝食後、専用バスにて、フラワーウォッチングを楽しみながら、ジェラルトンまで移動します。

食事:朝 昼 夕/ジェラルトン:イビススタイル泊

ジェラルトン

滞在

終日 朝食後、専用車にてジェラルトン郊外、ムレワからマラワに至るルートで、最もワイルドフラワーが多い道へご案内いたします。ピンク、黄色、白のエバーラスティングやフェザー・フラワー、リース・フラワー、ブラック・カンガルー・ポーなど珍しい花も探しましょう。

食事:朝 昼 夕/ジェラルトン:イビススタイル泊

ジェラルトン

カルバリー

(約160㎞)

08:30

午後

 

朝食後、専用車にてカルバリーへ。

カルバリー国立公園の見学へ。
茶褐色の渓谷や海岸沿いの巨大な崖など、ダイナミックな自然と鮮やかなワイルドフラワーをご覧ください。
金とオレンジのバンクシア、赤いグレビリア、キャッツポーなど多種多様の花々を見る予定です。

食事:朝 昼 夕/カルバリー:カルバリービーチリゾート又は同等クラス泊

カルバリー

滞在

 

終日 朝食後、専用車にて、35億年前から存在する藻の一種、最初に酸素を作った生物で、地球最古の生物と言われているストロマトライトが群生するハメリンプールへの日帰り観光へ。

食事:朝 昼 夕/カルバリー:カルバリービーチリゾート又は同等クラス泊

カルバリー

パース

(約580㎞)

終日 朝食後、専用車にてパースへ戻ります。

途中、ナンブング国立公園にて“荒野の墓標”と呼ばれる奇岩群ピナクルズを見学します。

食事:朝 昼 夕/パース:パンパシフィック泊

パース

 

 

 

 

 

パース

午前

 

 

 

17:30

 

23:55発

朝食後、夕刻の出発まで自由行動。

ご希望の方は、公共機関或いはタクシーなどを利用(交通費は実費となります。)し、フリーマントルキングスパークへご案内する予定です。

ホテルをチェックアウト。

夕食後、専用車にてパース国際空港へ。

航空機にてアジア都市経由、帰国の途へ。

食事:朝 × 夕/機中泊

成田空港 07:45/08:45

13:55着

航空機を乗り継ぎます。

着後、解散。お荷物無料託送サービス

/~お疲れ様でした~


出発日と旅行代金

2018年9月24日(月)出発~10月1日(月)帰国

旅行代金:568,000円
お一人様部屋利用追加代金:65,000円

※旅行代金は、燃油サーチャージ、日本国内と海外空港税等の諸費用が含まれた総額表示です。燃油サーチャージの増減による追加徴収・返金はございません。
※ビジネスクラス希望の場合は別途お問合せください。またご希望の際はお早めにお問合せください。

ご旅行条件

□食事:朝6回、昼5回、夕6回
□発着地:成田空港
□添乗員:成田空港より同行します。
□利用予定航空会社:キャセイ・パシフィック、ガルーダインドネシア、タイ国際航空、カンタス航空
□最少催行人員:8名【最大募集14名】

ご旅行代金に含まれないもの
◎査証は必要ありませんが、電子入国許可システム(ETAS)登録が必要です。
ETAS登録代行をご希望の場合、手数料として3,240円

◎任意海外旅行傷害保険料及び日本国内の交通費及び宿泊代等個人的な性質のもの

ご注意
※パスポート有効残存期間は帰国時まで必要です。

ご相談・お問い合わせ

⇒募集中のツアーに戻る