▲クリンジの花畑

2018年は、アナムディ山に生息する『ニーラクリンジ』の花が、12年に1度咲く年です!

紫と青い花の絨毯が丘を覆い尽くす様は圧巻です!!

昨年までご好評いただいたカース台地のお花のツアーに引き続き、大変な思いをせずに見に行けるお花のツアーを発表致しました!

ご案内するムンナールはタミルナードゥ州とケララ州の間にある山岳地帯です。

ムンナールは、一大紅茶産地であり、イギリス植民地時代の避暑地として発展、今でもインドの人たちに人気が高い観光地です。紅茶の他、コーヒー豆やカルダモン、シナモンなどのスパイス生産も盛んです。
また街の至る所に茶畑が広がる風光明媚な場所で、近辺には、この地方の固有種である絶滅危惧種の山羊ニルギリタールが生息するエラヴィクラム国立公園や南インド最高峰のアナムディ山があります。
2018年は、このアナムディ山に生息する『ニーラクリンジ』の花が咲く年として、注目を集めています!

南インドのトイトレイン、ニルギリ山岳鉄道 【世界遺産】

インドの山岳鉄道といえば、ダージリンのトイトレインが有名ですが、世界遺産の山岳鉄道はダージリンだけではありません。

デリーの隣ハリヤナ州のカルーカからヒマーチャル・プラデーシュ州の州都シムラーまでのカルーカ・シムラー鉄道。
そして、タミルナードゥ州のウーティ(ウダカマンダラム)とメットゥパラヤムを結ぶ『ニルギリ山岳鉄道』です。

この3つの鉄道が、「インドの山岳鉄道群」として、世界遺産に登録されています。

これらの山岳鉄道はイギリス統治時代に涼しい高原地帯へと避暑地のリゾートが開発されたのが、ダージリン、シムラー、ウーティなのです。
ツアーでは、知られざる南インドの避暑地ウーティ(標高2,300m)を訪問しますが、ここはダージリン、アッサムと並びインド三大紅茶産地のひとつです。
何よりウーティを始発駅としたニルギリ山岳鉄道の車窓からの景色は絶景です!

ニーラクリンジ(Neela Kurinji)学名:Strobilanthes Kunthiana(シソ目キツネノマゴ科イセハナビ属)

クリンジの花は、40種ほどの品種が存在し、花の色はほとんどが青や紫です。
また、ニーラとは現地語で「青」を意味するのですが、これは山全体を青く染め、ニルギリ(青い山)といわれる所以になった花とされています。

都市名 時刻など 日 程 内 容

 

成田空港

ムンバイ

12:30発

17:45着

全日空直行便(NH829便)にてムンバイへ。

着後、専用車にて夕食をとりホテルへ。

食事:× 機 夕/ムンバイ泊

ムンバイ

マドゥライ

10:55発

13:00着

午後

朝食後、インド国内線にてマドゥライへ。

着後、マドゥライ観光へ。

南インドで最も有名な寺院、ミーナクシ寺院を見学します。

食事:朝 昼 夕/マドゥライ泊

マドゥライ

ムンナール

08:00

 

13:00

朝食後、専用車にて、一大紅茶生産地のムンナールへ。(約140km/4時間)

昼食後、イドゥッキ地区の紅茶茶園工場見学をお楽しみください。

食事: 朝 昼 夕/ムンナール泊

ムンナール

滞在

終日 朝食後、12年に1度咲く、クリンジの花畑のフラワーハイキングへご案内致します。

コーヒー、胡椒、カルダモン、シナモンなどのスパイス・ハーブ園なども見学しましょう。

食事: 朝 昼 夕/ムンナール泊

ムンナール

コダイカナル

終日 朝食後、12年に1度咲く、クリンジの花畑のフラワーウォッチングしながら、コダイカナルへ。

食事: 朝 昼 夕/コダイカナル泊

コダイカナル

ウーティ

午前

 

夕刻

朝食後、専用車にて、茶畑広がるニルギリの避暑地ウーティ(標高2300m)へ。(約7時間)

着後、ホテルへチェックイン。

食事:朝 昼 夕/ウーティ泊

ウーティ滞在

(クーヌール)

 

  朝食後、世界遺産ニルギリ山岳鉄道にてクーヌールへ。(約1時間20分)

着後、本場ニルギリ紅茶で有名な紅茶園や工房の見学。

また、ウーティ市内観光(高原の緑と湖水の青のコントラストが美しいウーティ湖植物園バザール等)

食事:朝 昼 夕/ウーティ泊

ウーティ

コインバートル

ムンバイ

08:30

13:40発

15:30着

20:20発

朝食後、専用車にてコインバートルへ。(約3時間)

インド国内線にてムンバイへ。

着後、昼食兼夕食をとります。

食後、全日空直行便(NH830便)にて帰国の途へ。

食事: 朝 機 夕/機中泊

 

成田空港 08:40着 成田空港着後、解散。 

食事:機 × ×/~お疲れ様でした~

出発日と帰国日、旅行代金など

2018年9月22日(土)発~9月30日(日)帰国
2018年9月26日(水)発~10月4日(木)帰国
旅行代金: 338,000円   お一人様部屋利用代金:62,000円
※旅行代金は、燃油サーチャージ、海外空港税、成田空港使用料等の諸費用を含んだ総額表示です。燃油サーチャージの追加徴収、返金はございません。

※ビジネスクラスご希望の場合は別途お問い合わせください。
※インド査証代及び査証取得手数料が別途必要です。

ご旅行条件

□食事:朝7回、昼6回、夕8回
□発着地:成田空港
□添乗員:成田空港より同行します。
□利用予定航空会社:全日空、ジェットエアウェイズ、エアインディア
□最少催行人員:6名【最大募集16名】

ご旅行代金に含まれないもの

◎インド査証代:2,620円
◎査証取得手数料:5,400円
◎任意海外旅行傷害保険料及び日本国内の交通費や宿泊代等個人的な性質のもの

ご注意

※インド査証が必要です。パスポートの残存有効期間6ヶ月以上、査証欄余白が2頁以上と証明用顔写真(5cm×5cm/背景色白のみ)1枚及び質問票の提出が必要です。
※クリンジの開花は、自然現象の為、前後する可能性があります。掲載されている花の景色は見られない場合もございますので、予めご了承ください。
※紅茶工場をはじめ茶業関連施設見学箇所は現地事情により変更になる可能性があります。

ご相談・お問い合わせ

⇒募集中のツアーに戻る