オーダーメイドツアーで幸せ探し

03-5405-4052

受付:月曜~金曜9:30-18:30

フォームからお問い合わせ

【ブータン旅行記42】パロ空港近くの便利なホテル、DRUK CHEN(ドゥクチェン)で打ち上げ♪

黒崎 康弘

この記事を書いた人

いい旅ブータン 黒崎康弘

クズザンポー。いい旅ブータンの黒崎です。

早いもので今回の視察もあと少しで終わり、明日にはもう帰国です。

今日の宿泊は、パロ空港のすぐ近くにある三つ星ホテル、DRUK CHEN(ドゥクチェン)です。

パロ空港

▲パロ空港。部屋から見える近さ

ドゥクチェン

▲ドゥクチェン(Druk Chen)の立派な外見

フロント

ドゥクチェン

▲フロントでチェックイン

ドゥクチェンの日本刀

▲フロントの日本刀

エレベーターはないものの、設備はこれまでの三ツ星の中で一番立派でした(四つ星でもいいくらい)。

日本人もよく泊まるそうで、フロントに日本刀が展示されていました(関係ないか)。

ロビーとレストランのWi-Fiは無料で、部屋は有料ですが安く、200ニュルタム(約400円)でした。

ドゥクチェンのWi-Fi

▲Wi-Fiの案内

客室

ドゥクチェンの客室

▲階段。荷物はスタッフが上げてくれた

ドゥクチェンの客室

▲十分すぎるほどに広い客室

バーでビール

視察の最終日なので飲もう(毎日飲んでる)とガイド氏が言うので、夕食の準備ができる前からバーでビールを飲みます。

彼はお酒はビールしか飲まないのですが、聞いてみると好き嫌いも多く、一般的なブータン人の参考にはなりません。

曰く、鶏肉を食べず、生ものを食べず、パンやパスタ、ラーメンを食べない。タイ料理も嫌いで、日本に行くとインド料理ばかり食べる。

辛みと山椒を好むのでマーボー豆腐は好き。

本当ならかなりの偏食ですね。

実に好き嫌いが多いねと伝えると、代わりに(?)6人家族で月に米を200kg消費すると言っていました(やや盛ってる気がする)。

ドゥクチェンのバーカウンターにて

▲バーカウンターにて。視察をほぼ終えて、ガイド氏も笑みがこぼれる

ブータンのビール

▲ブータンでビールの飲み納め

ちなみにドライバーさんはお酒が弱く、ビールを半分飲んだら顔が赤くなってどこかに消えてしまいました。

単なる体質でしょうけれど、彼の職業にはピッタリ合っていますね。

夕食 

インド人グループが宿泊していたため、夕食ビュッフェはインド料理でしたが、それでは悪いからと他の料理も持ってきてくれました。

ドゥクチェンの夕食 ダール

▲ダール(豆のカレー)

ドゥクチェンの夕食

▲オクラのカレー

ドゥクチェンの夕食

▲ベジカレー

ドゥクチェンの夕食 干し肉の煮たの

▲干し肉を濃い味で煮たもの。脂身が硬いが、噛むと味わいがあってツマミになる

ドゥクチェンの夕食

▲追加で出してくれた料理が加わって豪華なディナーに!

このドゥクチェンホテルは、部屋から見えるほど空港が近いため、何といっても最終日の宿泊に便利なホテルです。

インド料理ばかりだからと、他のものを出してくれるあたりも嬉しいですね。

さて、ビールと料理をたっぷりいただいたので、そろそろ部屋でお休みさせていただきます。。